macOS Monterey、システム環境設定、組み込みオーセンティケーターなどの専用パスワードセクションを追加

macOS Monterey、システム環境設定、組み込みオーセンティケーターなどの専用パスワードセクションを追加

macOS Montereyでは、iCloudキーチェーンをLastpassや1Passwordなどのサードパーティ製サービスに代わる理想的なパスワードサービスとして位置づけ、パスワード管理に関するいくつかの改善を行いました

システム環境設定には、新しい「パスワード」セクションが追加され、iCloudキーチェーンのすべてのログイン名とパスワードが格納され、アクセス、編集、管理が容易になりました

iOSには以前から同様の「パスワード」セクションがあるので、Appleデバイス間でパスワードにアクセスするための合理的な方法が1つになりました

これまでMacでは、Safariの環境設定からパスワードにアクセスできましたが、システム環境設定の方が簡単に見つけることができます。以前のバージョンの機能と同様に、Safariは自動的にパスワードを提案し、あなたに代わって危険なパスワードを検出します

スポンサーリンク


Montereyでは新たに、パスワードをインポート/エクスポートするオプションが追加され、iCloudキーチェーンと他のパスワード管理アプリケーションの間でログイン情報を移動できるようになりました

iCloudキーチェーンは、いくつかのパスワード管理アプリほど多くの入力フィールドを備えていませんが、ユーザー名、パスワード、ウェブサイトのデータに対応しています

また、iOSとiPadOS 15にも搭載される認証機能もあります、二要素認証にコードを使用しているサイトやアプリでは、そのコードをiCloudキーチェーンにそのまま保存し、ログイン時に自動入力させることができます

2021 06 macOS Monterey Keychain 00002 22 43
認証機能の直接サポートにより、iPhoneおよびMacユーザーは、AuthyやGoogle Authenticatorなどのサードパーティ製アプリやソフトウェアではなく、Appleのソリューションを選択できるようになります

MacOS Monterey Keychain 00003
その他の細かな変更点としては、保存したiCloudパスワードをEdgeブラウザで自動入力するためのiCloud Passwords拡張機能があり、ブラウザでクロスプラットフォームのパスワードにアクセスする必要があるWindowsユーザーには便利で、さらにiCloud for Windowsには新しいiCloud Passwordsアプリが含まれています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)