macOS Catalina 10.15 beta、iCloud Driveは引き続きbeta 7でも問題を引き起こす

macOS Catalina 10.15 beta、iCloud Driveは引き続きbeta 7でも問題を引き起こす

iCloud Driveに問題をかかえる

Appleは、一昨日「macOS Catalina 10.15 Developer beta 7 (19A546d)」を開発者に、Betaソフトウェアプログラムのメンバに「「macOS Catalina 10.15 Public beta 6」をリリースしています

ifunでは、「重要なコンピューターで使用することはお勧めしません」と言っています

特に、iCloudとのやり取りは現在のテストバージョンで実行されているため、定期使用を推奨することはできません

最新のベータ版では、ローカルのiCloudドライブディレクトリの内容が再びリセットされ、テスターは空のフォルダーを検出し、ファイルとフォルダーを再ロードする必要があります

MacOS Catalina 10 15 beta 7 00010 z

基本的に、ここで何も失われるのではなく、AppleのiCloudのすべてのコンテンツは存在し続けます

スポンサーリンク


Appleは問題を知っており、現在のベータ版に関するリリースノートでも次のように説明しています

  • macOS Catalina 10.15 Beta 7以降に更新した後、iCloud Driveが長時間同期する場合があります。不足しているファイルに気付いた場合、それらはホームフォルダーのRecovered Filesフォルダー内にあります
  • ストレージの最適化がオフになっている場合でも、iCloud Driveはすべてのファイルを自動的にダウンロードできない場合があります
  • 回避策:ファイルを個別にダウンロードします

  • 共有フォルダに新しいページ、Numbers、またはKeynoteドキュメントを作成すると、「iCloudに接続できませんでした」というメッセージが表示される場合があります
  • 回避策:ドキュメントを閉じて、再度開きます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)