macOS Catalina 10.15、PhotoshopおよびLightroomにおけるサポートの今後の変更

macOS Catalina 10.15、PhotoshopおよびLightroomにおけるサポートの今後の変更

macOS Catalina 10.15 は64bitシステム

macOS Catalina 10.15 は64bitシステムで、32bitのサポートはないことから32bitアプリケーションは動作しないことを意味します

Adobeは、64bitへの移行が完了していないデベロッパーの一つです

9月のmacOS Catalina 10.15 のリリースに合わせてアップデートしリリースする必要があり、ブログでLightroomとPhotoshopの進捗状況を公開しています

AdobeはAppleと協力して、両方のアプリケーションがmacOS 10.15と完全に連携するようにしています

Photoshop(20.x)、Lightroom(2.x)、およびLightroom Classic(8.x)の最新バージョンは、64bitにアップグレードされ、インストールと円滑な操作に必要なすべてのコンポーネントもアップグレードされています

Creative Cloudのサブスクリプションライセンスの場合は、アップデートをダウンロードしてCatalinaで使用できます

Adobe 32bit 00001 z

ただし、Appleがシステムを完成させるまではサポートされないとAdobeは述べています
(* macOS Catalina 10.15 Beta版は正式にはサポートされていません)

スポンサーリンク


未だ、解決されなければならない問題が幾つかあります

Photoshopの場合、最新バージョンのアプリは64bitのドロップレットを生成するすることはできますが、以前のバージョンのアプリで作成したものは32bitであり、Catalinaでは使用できなくなります

Adobeは、ドロップレットを再作成せずに64bitに変換する方法を模索します

Lightroom Classicは、写真を扱うために設計された画像のカタログ版ですが、それでもビデオを再生するための32bitコンポーネントが含まれています

Adobeは、Catalinaのリリース前に64bitコンポーネントに置き換えることを計画しています

また、他のアプリケーションで使用するためのカスタム光学プロファイルを作成するツールであるLens Profile Creatorは、まだ32bitだが64bitに更新されると報告しています

ただし、ExtendScript Toolkitは32bitのままになり、Visual Studio Code Editorの拡張機能であるExtendScript Debuggerに置き換えられるため、アプリは中止されます

サブスクリプションライセンスの所有者にとって良いニュースですが、悪いニュースは、永久にライセンスのすべてのAdobeのアプリケーションが最新ではなくなり、32bitのままになることです

それらのアプリケーションはmacOS Catalina 10.15 では動作しないので、以前のmacOSのバージョンのままにすることを提案しています

(Via Adobe.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)