macOS Catalina 10.15 では、iOSデバイスとiPodをFinderで管理

macOS Catalina 10.15 では、iOSデバイスとiPodをFinderで管理

macOS Catalinaでは、iTunesアプリは、新しいAppleオペレーティングシステム用に特別に開発された「Music」「Podcast」「Books」3つのアプリに置き換えられます

iTunesの分割に伴い、iPodとiOSデバイスのUSBベースの同期はFinderに移行しました、デバイスを接続してメディアを移動するユーザーはまだたくさんいます

macOS Catalinaを実行しているMacにiPodを接続すると、デバイスがFinderサイドバーに表示されます

そしてそれをクリックすると、iTunes 12に見られるものよりもはるかに優れた方法で整理された幅広い同期オプションが表示されます

MacOS Catalina Sync iOS 00001 z

スポンサーリンク

想像される通り、このインターフェースの各セクションには、システム上のさまざまなアプリにわたるコンテンツが表示されます、例えば、Finderは新しいMusicアプリに持っているローカルファイルが表示されます

MacOS Catalina Sync iOS 00002 z

MacOS Catalina Sync iOS 00003 z

同じことがビデオにも当てはまります、ここでは、FinderからTVアプリにドラッグしたローカル ファイルがあり、Finderはそれを表示し、iPod に同期する準備ができます

MacOS Catalina Sync iOS 00004 z

MacOS Catalina Sync iOS 00005 z

新しいプレゼンテーションは一貫性があり、決定的です

この例では、iPod nanoは外付けドライブとして表示され、一度選択すると、以前のiTunes統合を連想させる、はるかに優れた統合インターフェースが提供されます

(Via 512 Pixels.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)