macOS Big Surで、ChromeはSafariの10倍のRAMを使う

macOS Big Surで、ChromeはSafariの10倍のRAMを使う

Flotatoの生みの親であるMorten Just氏による新しい調査で、macOSでのブラウジング時にChromeはSafariよりも10倍以上のメモリを使用していることが明らかになりました

最近のブログ記事でJust氏は次のように述べています

聴こうとしていたPodcastがほとんど聞こえないところまで来てしまった。それだけファンの音が大きかったということだ。その後、開いていたChromeのウィンドウをすべて閉じて、数分後にファンが静かになりました。そこで、私だけが原因なのかどうか確認してみることにしました

Just氏は、MacOSの最新バージョンを使った二つのシナリオで、両方のブラウザをテストしました

1回目のテストは仮想マシン上で、2回目のテストは32GBのRAMを搭載した2019年製16インチMacBook Pro上で行われました

最初のテストでは、Twitterを開いてスクロールし、Gmailで新しいタブを開いてメールを作成するという典型的なブラウジングパターンをシミュレートしました

Safari Chrome Ram 00002

このテストでは、Chromeは1GBのRAM使用量に達したが、Safariは80MBのRAMしか使用していないことがわかりました、ただし、2タブテストは始まりにすぎませんでした

Safari Chrome Ram 00001

54個のタブを開いた状態で、GoogleChromeがSafariと比較してタブあたり24倍多くのRAMを使用していることがわかりました

スポンサーリンク


Just氏によると、どちらのブラウザも拡張機能は一切使用しておらず、この特定のテストは仮想マシンではなく実際のMacBook Proで行われたとのことです

調査結果によると、Chromeはタブを開くたびに290MBのRAMを使用していたのに対し、Safariはタブを開くたびに12MBのRAMしか使用していませんでした
Safari Chrome Ram 00005

結果は明らかですが、Just氏は、Google Chromeは「タブ間のメモリ使用量を管理するために必死になっている」可能性が高く、現在のタブを「高速で応答性の高い」状態に保つための努力をしていると述べています

(Source From browser tab to magic Mac app , Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)