一部のmacOS Big SurユーザーがMDMのバグでアップデートをインストールできない問題

一部のmacOS Big SurユーザーがMDMのバグでアップデートをインストールできない問題

macOS Big Sur 11.1ユーザーが多くの問題を訴えています、最近、macOS 11.1ユーザーがMacでランダムな再起動問題に直面していることがわかりました

現在、ユーザーが11.1にアップデートできないという新たな問題が発生しています、ここでの問題は、アップデートしていないにもかかわらず、macOS 11.1のアップデート通知が消えてしまうというものです

Appleユーザーは、この問題をかなり前から報告しています、開発者のVictorVrantchanは、何が問題を引き起こしているのかわかっていると主張しています

彼は、MacがAppleのアップデートサーバーに11.1ではなく11.01.1を要求していると主張しています、これが、新しいアップデート通知が表示されず、ユーザーが11.0.1の実行できない理由です

Vrantchan氏はまた、誤ったリクエストはソフトウェア更新プロセスの状態を破壊すると付け加えました、しかし、彼はそれがどのようにして起こるのか分かっていません

したがって、更新システムの 「システム環境設定」 に新しいアップデートオプションが表示されなくなり、ユーザーは混乱状態になります

スポンサーリンク


一部のユーザーは、Macを再起動すれば問題が解決すると主張している、ただし、更新は一時的に表示されるだけで、再び表示されなくなります、つまり、Macを再起動しても問題が解決しない可能性が高いということです

この問題は、AppleのMobile Device Managementサービスが原因で発生します、エンタープライズユーザーを対象としており、更新の管理に使用されます

MDMサービスをいじることは深刻な影響を与えるため、避けるべきであることに注意してください

アップデートを直接ダウンロードしてインストールすればよいのですが、Appleは最近、コンボアップデートパッケージを許可しなくなったので、手動でアップデートする方法がありません

また、Appleはすべてのアップデートをインストールする前に認証するため、Macのアップデートにはインターネット接続が必須です

macOS 11.1 アップデートの問題を修正する方法は?

少なくともAppleがこの問題を修正するまでは、修正の見通しは立っていません、再起動してアップデートをインストールしてみてください

一部のユーザーはMDMプロファイルを削除してみて、問題を修正しましたが危険を冒す価値はあるといえません

最も便利な回避策の1つは、App StoreからmacOS Big Surを再インストールすることですが、再インストールする前に、すべてのデータのバックアップを取っておく必要があります

Appleはこれが現在問題であることをよく知っているので、この問題は11.2で解決されると思われます

(Via MicroMDM.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)