iPhone 13は次世代WiFi 6Eを搭載、2021年上半期にはiPhone SEのアップデートはなし

iPhone 13は次世代WiFi 6Eを搭載、2021年上半期にはiPhone SEのアップデートはなし

Barclaysのアナリストは次のiPhoneがどうなるかについて情報を提供しています

iPhone 13にWifi 6Eが搭載される

AppleのサプライヤーとBarclaysのアナリストであるBlayne Curtis、Thomas O’Malley、Tim Long、および彼らの何人かの同僚との議論に基づいて、次のiPhoneについてのいくつかの新しい情報が出てきました、アナリストによると、新しいiPhone 13は次世代のWiFi 6Eをサポートする可能性があります

WiFi 6EとWiFi 6を混同するかもしれませんが、これらは2つの異なるタイプのWiFi規格です、WiFi 6に対応したデバイスは、現行のiPhone 12シリーズや旧型のiPhone SE、iPhone 11のように、2.4GHz帯と5GHz帯しかサポートしていません、WiFi 6E対応のデバイスは、2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、より新しい6GHz帯をサポートします

WiFi 6の規格はまだ公表されていませんが、6GHz帯では、より高速なデータ速度(最大9.6Gbps)とより広いチャンネルでの高速接続が可能になります

6GHz帯は、おそらく過去20年間でWi-Fiユーザーにとって既存の価値基準を打ち砕くような恩恵となるでしょう

スポンサーリンク

iPhone SE、2021年には更新されない見込み

2021年にはiPhone SEのリフレッシュは期待できません

アナリストらはまた、iPhone SEの大型化の可能性についても一定の見解を示しており、5.5インチや6.1インチの画面を搭載した大型のiPhone SEが開発中であると聞いているが、このデバイスについてはサプライヤーとの会話で言及されていないと述べています、彼らは、Appleが2021年にiPhone SEを大画面に更新する計画はないと考えています

iPadのOLEDディスプレイ、2021年には発売されそうにない

Barclaysのアナリストは、OLEDディスプレイ搭載のiPadが2021年に発売される可能性は低いと考えています、むしろ、早くても2022年まで発売される可能性は低いと考えています

AppleはMini-LEDディスプレイ搭載のiPadを2021年に発売すると予想されており、AppleがiPadのディスプレイ技術を年に二回アップデートする可能性は非常に低いと考えています

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)