UIデザイナーがMicrosoft Flight Simulatorを使ってmacOS Big Surの壁紙を再現

UIデザイナーがMicrosoft Flight Simulatorを使ってmacOS Big Surの壁紙を再現

AppleのmacOS用の壁紙コレクションは素晴らしく、言うまでもなく、Appleは新しい壁紙の作成に多くの時間と労力を費やしています

最新のmacOS Big Surは、カリフォルニアの山がちな崖を描いたデフォルトの壁紙を採用しています、通常、写真を撮るにはドローンを使ってカリフォルニアのセントラルコーストを訪れる必要があります

Matt Birchler氏はトラブルを回避し、MicrosoftのFlight Simulator 2020でmacOSの壁紙を再現しました

Flight SimulatorでmacOS Big Surの正確なスポットを見つけるのは容易ではありません

しかし、Birchler氏は最寄りの空港から飛行機で移動し、適切な時間と気象条件を選択しました

それは、適切な環境で写真を撮ることが重要でした、さらに、壁紙の複数のバージョンをキャプチャすることに成功しました、Birchler氏がAdobe Lightroomの助けを借りて撮った写真は完璧です

どうやってこれらを手に入れたのか?

これらの場所のGPS座標を取得できる集中管理された場所はありません、ですから、自分でそれを見つける必要があります

Flight Simulatorでは、時間帯や気象条件をフルにコントロールできるので、それらをかなり近づけることができました

最後のステップは、AppleがmacOSで出荷したバージョンに近づけるための編集作業をLightroomに加えることでした

スポンサーリンク


Flight Simulator macOS Big Sur 00002 z

Flight Simulator macOS Big Sur 00003 z

Flight Simulator macOS Big Sur 00004 z

(Via Birchtree.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)