Rosettaはx 86マシンの仮想化アプリをサポートしておらず、Boot CampはAppleシリコンのオプションではない

Rosettaはx 86マシンの仮想化アプリをサポートしておらず、Boot CampはAppleシリコンのオプションではない

Windows仮想化ソフトウェアを利用しているMacユーザーは、Appleが2007年中にARMプロセッサをカスタマイズしたカスタム版に移行した際に苦境に陥る可能性があります

Appleは今週、同社のウェブサイトに掲載した開発者向け文書の中で、Rosettaの技術的にはRosetta 2の制限について概説し、Intelベースのアプリを翻訳することはできますが、x 86_64コンピュータプラットフォームを仮想化する仮想マシンアプリために同じことはできないことを指摘しています

一般的なx 86_64仮想化アプリケーションには、Windows環境を仮想化するParallelsやVMWareの製品があります

Rosettaはカーネル拡張機能の翻訳もできません

Rosettaは、Appleや開発者がIntelベースのMacからARMベースのチップを搭載したハードウェアに移行する際に役立つ重要な機能です

このソフトウェア・レイヤーは、x86_64命令を含むアプリを、ARM64命令セットを使用するAppleのシリコン用に翻訳します

Rosetta Apple silicon 00002 z

スポンサーリンク


この機能が公開されたことで、開発者はアプリのユニバーサルバイナリを作成する時間を得られるようになったが、Appleによると、Rosettaは動作が遅く、ネイティブアプリケーションの代わりになるものではありません

Rosettaによるx 86の制限に加えて、Boot CampはAppleのシリコンを搭載したMacで利用できなくなります

今のところ、WindowsとMacの両方のOSの起動を可能にしたmacOSユーティリティは、Intel専用機能としてmacOS Big Surに残ることになります

ARM Macではこの機能にアクセスすることはできず、同社は代替機能を発表していません

Appleのシリコンへの移行には約2年かかると予想されています。Parallelsのような仮想化企業がARMチップ向けのソリューションに取り組んでいるかどうかは不明のままです

(Via Apple Insider.)











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 98r

    >今のところ、WindowsとMacの両方のOSの起動を可能にしたmacOSユーティリティは、Intel専用機能としてmacOS Big Surに残ることになります。

    こちらの情報についてですが、
    Appleシリコンと併売される版MacにBoot Campはプリインストールされているということでしょうか?

    • By 酔いどれ

      98r さん、はじめまして

      ArmのMacのmacOS Big SurではBoot Campは現在のところ利用できませんが
      IntelのMacのmacOS Big Surでは現在と同じようにBoot Campは利用できると言うことだと思います

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)