【Mac】「アクティビティモニタ」アプリの意図とApple Siliconでの見方

【Mac】「アクティビティモニタ」アプリの意図とApple Siliconでの見方

アクティビティモニタ

「アクティビティモニタ」アプリには、Macのパフォーマンスに関するさまざまな数値が表示されます

すべてのMacがIntelだった時代には、必ずしもその一部を定義できなくても、それぞれが何を意味しているのかを大ざっぱに理解するのは難しくありませんでした

Apple Silicon搭載 Macも登場した現在では、アーキテクチャの違いによって数値がまったく一致しないものもあります

そこでEclectic Light CompanyのHoward Oakley氏が、比較しやすいように、わかりにくい数値の意味を説明しています

CPU

Activity Monitor 002
CPU は、あるプロセスが CPUコアの上で実行された時間を大まかに示すものですが、百分率ではありません、また、Apple Siliconチップでは、誤解を招くほど不正確です

これは、各コアのアクティブレジデンシー、つまりアイドル状態ではなく、特定のプロセスが所有するスレッドをアクティブに処理しているプロセッササイクルの割合に基づいているようです、したがって、ある 10秒間にサイクルの 25% が WindowServerコードの処理に費やされた場合、その期間の「%CPU」は 25%になります

スポンサーリンク


総アクティブレジデンシーは、各コアで測定され、合計されます、Mac のチップに全部で 8つのコアがある場合、それぞれが 100%まで実行できるため、8つのコアすべてが完全にアクティブになると、 「%CPU」の合計は 800になります

ハイパースレッディングをサポートするIntelプロセッサの場合、これは複雑で、各コアにさらに100%が追加され、同じ8コアでの完全な「%CPU」は最大1600まで上昇します

「%CPU」の対極にあるのは、「%CPU」に含まれない割合がアイドル状態で費やされることです、つまり、8コアのIntel CPUで合計100%のCPUを処理すると、そのコアは700%アイドル状態になり、ハイパースレッディングで達成できる最大限の1500%のコアリザーブが残されていることになります

周波数が変化するコアについては、コア周波数の変化やコアの種類の違いは考慮されていいません

前者は一部のIntelプロセッサに影響しますが、どちらもApple Siliconで最も大きな影響を与えます

アクティブレジデンシーが100%の高性能コアが周波数3GHzの場合、同じPコアが100%で周波数1GHzの場合の3倍の速度で命令を処理するが、アクティビティモニタにはどちらもCPUが100%と表示されます

残念ながらアクティビティモニタではコア周波数の情報は得られず、コマンドツールであるpowermetricsを利用することで初めて知ることができます

スポンサーリンク


CPU時間は、プロセスによって使用された、利用可能な処理時間の合計です、これによって、アクティブな滞留時間の割合がわかるかどうかは不明ですが、異なる周波数やコアの種類を考慮することはできないので、過大な解釈は禁物です

GPUも同様に、GPUの活動状況を大まかに示しています、これは任意のMac内で一貫しているはずですが、異なるGPU間の比較はうまくいきません

メモリ

Activity Monitor 003
Intel Macのメモリ使用量はメインシステムメモリのみを指し、グラフィックカードに搭載されるグラフィックメモリは除きます

Apple Silicon Macは、メインシステムメモリをCPUコア、GPU、ニューラルエンジンなどのコンポーネントで使用するユニファイドメモリを搭載しています、

使用済みメモリは、システムおよびアプリが使用している物理(実)メモリの総量です、Apple Silicon GPUが使用しているものも含まれているはずです

アプリケーションメモリは、システムプロセスおよびアプリケーションに割り当てられた物理メモリの合計量です、Apple SiliconにはGPUが使用するものが含まれる場合と含まれない場合があります

確保されているメモリは、圧縮したりディスクにスワップアウトできない物理メモリです、これはシステムが動作するために必要であり、他の目的のために解放することはできません、Apple Silicon には、GPU が使用するすべてのメモリを含める必要があります

圧縮は、最近使用されていない物理メモリで、スペースを節約するために圧縮されています、Apple Siliconには、GPU が使用しているものは含まれないはずです

スポンサーリンク


個々のプロセスについて
Activity Monitor 004

  • 実メモリは、そのプロセスによって使用されている物理メモリです
  • プライベートメモリは、そのプロセスが自身のコードとデータのために排他的に使用する物理メモリです。
  • 共有メモリは、そのプロセスが使用している物理メモリで、他のプロセスと共有されているものです
  • 仮想メモリとは、物理メモリを解放するために必要であればディスクにキャッシュできるアイテムを格納するために使用される物理メモリです
  • 圧縮メモリとは、最近使用されていない物理メモリで、スペースを節約するために内容が圧縮されています

エネルギー

Activity Monitor 005
エネルギーインパクトは、アプリの「現在のエネルギー消費量の相対的な指標」であり、現在は%CPUと同じ数値のようです、そのため、コアの周波数や種類を考慮することはなく、実際のエネルギーや電力の単位に変換されることはありません

例えば、高効率コアを最大周波数で100%アクティブに使用するには約100mW、高性能コアはその10倍の1,000mWが必要ですが、ここではどちらも100ユニットと表記しています、パワーメトリクスでは、はるかに優れた推定値が得られます

「アクティビティモニタ」アプリに表示されるほとんどの値は、過去 1 分間までの時間加重平均であり、最も最近の過去に重点を置いています

(Via Eclectic Light Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)