Hyper、iMacを回転させることができる新しい「HyperDrive Turntable Dock」を発表

Hyper、iMacを回転させることができる新しい「HyperDrive Turntable Dock」を発表

Hyperは、iMacの向きを簡単に変えられるHyperDrive Turntable Dockと、世界で初めて窒化ガリウム電源を内蔵したThunderbolt 4 Power Hubを発表しています

HyperがCES 2022で発表する製品には、CES Innovation Awardを獲得するためのデバイスが2つ含まれています、この2つの項目は、接続されたMacの接続性を拡張するものですが、その方法はかなり異なります

HyperDriveのTurntable Dockは、24インチのiMacのスタンドの下に置かれるように設計されており、上面ではその場でiMacを360度回転させることができます

Hyper Turntable Dock 002

Hyperは、さまざまな角度からスクリーン上のものを見やすくしたり、搭載されたウェブカメラの角度を変えたりするために、共同作業に利用できると考えています

ターンテーブルとともに、このドックは最大2TBのM.2 SATAまたはNVMeストレージ用の筐体も内蔵しています、ドックへのアクセスに工具は必要なく、プッシュ・トゥ・リリース構造により、ドライブの取り付けと交換が簡単に行えます

このドックには、HDMI出力、MicroSDおよびSDカードスロット、USB-Cポート1基、USB-Aポート4基を含む10基のポートも搭載されています

HyperDriveの「iMac Turntable Dock」は、HyperDriveのWebサイトで本日から199.99ドルで注文できるようにする予定です

スポンサーリンク


HyperDrive Thunderbolt 4 Power Hubは、その名の通りThunderbolt 4のハブで、接続したMacで利用できるポートの数を拡張する方法を提供するものです

HyperDrive Thunderbolt 4 Power Hub

4つのポートのうち1つはホストとの接続に使用され、残りの3つはデイジーチェーン接続にも対応するダウンストリームポートです

名前の「Power」の部分は窒化ガリウムを使用していることに由来しています、窒化ガリウムを使用しているため、従来の分厚い電源部分を不要にしたことに由来します

このため、机の上に置いても余計な部品がなく、シンプルな電源ケーブルですっきりとした印象になります

電源は内蔵されていますが、3つのダウンストリームポートに15Wの電源供給が可能です、また、ホスト側には96Wの電力供給が可能で、MacBook Proモデルの充電も可能です

また、32GbpsのPCIeデータ転送により、eGPUを搭載したIntel Macユーザーのグラフィック性能も向上しています、さらに、8K 30Hzディスプレイ1台、または対応Macの4K 60Hzディスプレイ2台を処理することができます

Hyperは、月曜日にHyperDrive Thunderbolt 4 Power Hubを発表する予定ですが、価格はまだ明らかにされていません

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)