Apple、今年後半にM1X MacBook Proを発表した後、2022年半ばにmini-LED MacBookAirを発売する

Apple、今年後半にM1X MacBook Proを発表した後、2022年半ばにmini-LED MacBookAirを発売する

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleがmoni-LEDディスプレイと複数のカラーオプションを搭載した新型MacBook Airを2022年中頃に発売する計画だと述べました

これらの詳細は、BloombergのMark Gurman氏やYouTubeの技術系パーソナリティであるJon Prosser氏などの情報源からの新しいMacBook Airに関する以前のうわさと一致します

Kuo氏によると、新しいMacBook Airは、次期MacBook Proモデルと同様のフォームファクタの「全く新しいデザイン」を採用し、これまでの噂では、新しいMacBook Airには、より高速なApple SiliconチップとMagSafe磁気電源ケーブルも搭載されるとされています

Kuo氏によると、既存のM1 MacBook Airがmini-LEDモデルの量産開始後に製造中止になるかどうかはまだ不明で、これが価格に影響を与える可能性があると述べています

スポンサーリンク


M1 MacBook Airが製造中止になった場合、mini-LEDモデルの価格はおそらく同じ999ドルからになるだろうとKuo氏は述べました

M1 MacBook Airがmini-LEDモデルと並んで購入可能なままであれば、価格が引き下げられる可能性があるとKuo氏は考えています

Kuo氏によると、新型MacBook Airには中国のメーカーBOEがmini-LEDディスプレイを供給し、新型MacBook ProにはLG、シャープ、Foxconnの子会社GISがmini-LEDディスプレイを供給するとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)