iOS 15 、AirPodsと Apple IDを連携し「Find My Network」で利用可能に

iOS 15 、AirPodsと Apple IDを連携し「Find My Network」で利用可能に

AppleはiOS 15のAirPodsユーザー向けに複数の新機能を発表したが、その中にはAirPods Pro用の会話ブーストや真のFind Myサポートが初めて含まれて

Appleは、紛失したAirPodsをPrecision Findingで探すことができると述べているが、iOS 15ではAirPodsをApple IDとリンクさせることで、どこにいても簡単に探せるようにしています

AirTagsと同様に、iOS 15はBluetooth技術を使って、近くにいてイヤホンがどこにあるかわからないときにAirPodsを正確に見つけることができます

この機能はAirPods ProとAirPods Maxの両方で利用でき、iPhoneやiPadに接続していなくても現在のAirPodsの位置を地図上に表示することが出来ます

iOS 15の内部コードで発見されたように、紛失したAirPodsは、他のデバイスに接続されていても、Find My Networkを通じて所有者に位置情報を送信し続けます

スポンサーリンク


重要なのは、AirPodsはApple IDと結びついているにもかかわらず、iOSデバイスのようなアクティベーションロックはないということです

このシステムは、Appleが現在提供しているAirTagに似ている。AirTagはAppleアカウントに関連付けられているが、数ステップの手動操作でリセットできます

9to5Macは、「iOS 15 beta 5」に含まれる新しいアニメーションを発見し、「Find My Network」 から「AirPods」を削除する方法を示しました

AirPods  Find My Network 002

これらのAirPodsはApple IDにリンクされています、削除すると、ほかの人が「Find My Network」 を設定できるようになります

AirPods Maxでは、ノイズキャンセレーションボタンをDigital Crownと一緒に約12秒間長押しすると、Find Myアプリからヘッドフォンのペアリングが解除されます

これらの機能はまだ実装中であり、AirPods ProおよびAirPods Maxのファームウェアアップデートが必要になる可能性が高いです、第1世代および第2世代のAirPodsは、Find MyネットワークおよびPrecision Findingと互換性はありません

今月初め、AppleはAirPods Pro用の新しいベータファームウェアをリリースし、iOS 15ベータを実行しているユーザー向けにConversation Boost機能を追加しました。しかし、Find My機能はこのファームウェアにはまだありません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)