Appleの商標はmacOS 12が「Mammoth」または「Monterey」になる可能性があることを示唆

Appleの商標はmacOS 12が「Mammoth」または「Monterey」になる可能性があることを示唆

macOSのメジャーバージョンが新しくなるたびに、新しいコードネームが生まれます

macOSのバージョンには、カリフォルニア州の美しい場所にちなんだ名前が付けられています、2013年以来、macOSのバージョンはカリフォルニアの美しい場所にちなんで名付けられている。これまでのところ、Mavericks、Yosemite、El Capitan、Sierra、High Sierra、Mojave、Catalina、Big Surなどがあります

次期バージョンの名称を推測するのは楽しいことですが、Appleは静かに、そして一貫して、リリースの名称を容易に解読できるようなパンくずの痕跡を残してきました、この1年間、AppleはmacOS 12の名称を示唆するいくつかの商標を更新したり放棄したりしてきました

まず第一に、Appleは2013年から2014年にかけて、カリフォルニアの地名をmacOSに使い始めたときに、シェル法人を使っていくつかの名称を商標登録しました、「Yosemite」、「Sierra」、「El Cap」、「Big Sur」などは、この一連の商標に含まれています

また、「Diablo」、「Condor」、「Tiburon」、「Farallon」、「Miramar」、「Rincon」、「Pacific」、「Redwood」、「Shasta」、「Grizzly」、「Skyline」、「Redtail」などの名称も含まれていましたが、現在は放棄されているようです、「Skyline」は直近では4月26日に廃止されています

スポンサーリンク


残るは2つの名前の可能性です、どちらも最近AppleによってコンピュータOSのカテゴリで使用するために更新されました、その2つの名前は「Monterey」と「Mammoth」です

Mammothは今年の4月29日にAppleによってリニューアルされたばかりです、これはAppleのポートフォリオの中で最新の名前です

「Mammoth」はカリフォルニア州のマンモス湖の代表として使われる可能性が高いく、マンモス湖は、Yosemiteから遠くないシエラ山脈の美しい湖の近くに位置するスキーリゾートの町で、macOSの大規模リリースにふさわしい名前になるでしょう
MacOS 12 00002
「Monterey」は2020年12月29日に更新され、商標の延長が認められました、2月に、いくつかの理由から次期macOSの名称が「Monterey」になるのではないかと推測しました
MacOS 12 00003
1つ目はBig SurがMontereyに存在することAppleは、SierraやHigh Sierra、YosemiteやEl Capitanのように、洗練されたバージョンを一緒にテーマにするのが好きです

昨年行われた主要な変更の精緻化に焦点を当てたBig Surの後継機としては、Montereyはふさわしい名前でしょう

スポンサーリンク



AppleはこれまでのWWDCでも、Montereyの名前を示唆しています、WWDC 2015を見ていて、Craig FederighiがiPadのマルチタスクのデモのためにMontereyとBig Surを訪れる予定であることに気づきました

もちろんBig Surは昨年のmacOSのメジャーリリースの名前になっています、Montereyがig Surと関係があることは疑いようのないものです

最終的には、この2つの名前が本当に社内で決まるのであれば、リリースの規模に基づいてどちらかを選択する可能性が高でしょう

小規模な改良に焦点を当てたアップデートなら、Montereyと呼ばれることになるでしょう、もしBig Surの勢いを維持するためのメジャーアップデートなら、Mammothの名前は完璧にフィットします

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)