2020年のティム・クックの報酬1,470万ドルはS&P 500のCEOとしては平均的

2020年のティム・クックの報酬1,470万ドルはS&P 500のCEOとしては平均的

Appleの最高経営責任者であるTim Cook氏が米国で最も価値の高い企業を率いた報酬は比較的控えめで、S&P 500のCEO報酬ランキングで171位にランクインしました

時価総額ではAppleがStandard&Poor’s 500のトップだが、CEO Tim Cookの直接報酬は他の多くのランキングメンバーよりはるかに低いです

The 416 Wall Street Journalによると、Tim Cook氏の500 2000年の報酬総額は14,769,259ドルでした、2019年の報酬から28%も上昇したにもかかわらず、Cook氏は171番手にすぎません

ランキングは、Cook氏が他の主要CEOと同様に報酬を得ていることを示していますが、それだけではありません、Cook氏を含む多くのCEOが、自らが率いる企業の株主であることを考えると、彼らの給与は総収入のほんの一部にしかならない可能性があります

スポンサーリンク


例えば、Bloombergが2019年に報じた同様の記事によると、Cook氏の年間報酬は1億3370万ドルだったと言います、その年の彼の給与は300万ドルで、ボーナスが770万ドル、ボーナスが88万4,000ドルでしたが、株式報酬は1億2,220万ドルでした

このような株式収益は、Cook氏をはじめとするCEOが給与をはるかに上回る収入を得られることを意味します、Cook氏の場合、個人の純資産は2020年8月に10億ドルの大台を超えました

トップは、Paycom社のチChad R. Richison氏で給与総額2億1,100万ドル、Adobe社のShantanu Narayen氏が4,500万ドルで3位でした

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)