Chrome for Mac、バージョンアップでRAM消費量が減少

Chrome for Mac、バージョンアップでRAM消費量が減少

Googleは先日、Windows、Mac、Linuxなどのプラットフォーム向けに、いくつかの大きな変更を加えたChrome 89をリリースしました

GoogleのChromeチームはブログ記事で、最近のアップデートによってChromeがmacOS上でいかにメモリ効率の良いものになったかを強調しています
Chrome 89 00002
Chromeは、すべてのプラットフォームで貴重なRAMとCPUサイクルを消費するリソースを大量に消費することで知られています、しかし、Chromeチームはブラウザのメモリ使用量の削減に舞台裏で取り組んでいます

Windowsでは、Chrome 89はブラウザプロセスで最大22%、レンダラで8%、GPUで3%のメモリ節約を実現しています、大幅なメモリ節約に加えて、ブラウザの応答性が最大9%向上しています

Chromeチームは、低レイテンシとスペース効率のために最適化された独自の高度なメモリアロケータPartitionAllocを使って、これを実現しました

フォアグラウンドタブで使用されていないメモリを破棄することで、タブごとに最大100 MiBを再利用できるようになり、一部のサイトでは、20%もの節約になります


特にmacOSでは、Chromeはバックグラウンドタブのメモリ使用量を減らし、最大8%節約していますし場合によっては、RAM使用量が1GBほど減少することもあります

最後に、タブ調整で収集されたデータを分析すると、ChromeはAppleのバックグラウンドタブのエネルギー影響スコアを最大65%改善しました

From browser tab to magic Mac appのレポートでは、macOS Big SurにおいてChromeはSafariの10倍のRAMを消費するとの報告があることを考えれば、もっと改善して欲しいものです







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)