2021年後半には新しいApple Silicon MacBookが大量生産される見込み

2021年後半には新しいApple Silicon MacBookが大量生産される見込み

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、AppleはApple Siliconを搭載した14インチおよび16インチのMacBook Proモデルを2021年後半のリリースに向けて再設計する予定であり、日経アジアが今日発表した報告書はその時期を裏付けていると述べています

AppleがサプライヤーからのiPhone 12の注文を削減したことに焦点を当てたレポートの中で、Appleが新型MacBookの量産を5月か6月から今年後半まで延期したことを簡潔に指摘しました

この記事ではノートPCを「MacBook」と呼んでいるが、これは次期MacBook Proモデルを指している可能性が高いと言えます

一方、Appleは今年下半期 (7〜12月) に新型MacBookの量産を開始する計画を、従来の5月か6月から変更したことが分かりました

2つのMacBookにはApple Siliconプロセッサーが搭載され、長年のサプライヤーであるIntelのマイクロプロセッサーからの2年間の移行の一部となります

スポンサーリンク


今年の後半は7月に始まるので、Appleのサプライヤーが年内に発売するために生産を増やすのに十分な時間があるはずです

Kuo氏は、Apple Siliconに加えて、新しいMacBook Proモデルでは、Mini-LEDバックライトを搭載した明るいディスプレイ、フラットエッジの上下を備えた新しいデザイン、HDMIポートとSDカードリーダー、磁気式電源ケーブルを備えた従来のMagSafe充電、Touch Barの代わりに物理的なファンクションキーを搭載すると予想しています

BloombergのMark Gurman氏は、これらの詳細の多くを裏付けています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)