macOS Big Surのトラッキングピクセルをブロックするフリーウェア「MailTrackerBlocker」

macOS Big Surのトラッキングピクセルをブロックするフリーウェア「MailTrackerBlocker」

多くのニュースレター配信業者、オンライン小売業者、およびウェブサービスは、電子メールの送信時にいわゆるトラッキングピクセルを使用しています

このようにして作成された電子メールを呼び出すと、ほとんどの場合、小さくて見えないグラフィックがコンピュータにロードされ、電子メールを開いたかどうか、いつ、どのくらいの頻度で読んだかを送信者に通知します
MailTrackerBlocker 00002
このような監視の形態を避けたいMacユーザで、作業命令が開かれたことをトラッキングピクセルがすでに報告しているかどうかを考えることなく、将来も「おかしなことに、メールが届かなかった」と言い続けたい人は、MailTrackerBlockerを確認する必要があります

フリーウェアはmacOS Big Surで利用可能

このプロジェクトはバージョン0.3.11にアップデートされたばかりですが、Apple Mail用のプラグインを提供しており、追跡用のグラフィックが再ロードされないようにしています

この拡張機能は、最も一般的なトラッキングピクセルプロバイダのうち50以上をブロックします、昨年12月のバージョン0.3.2以来、MailTrackerBlockerはmacOS 11 Big Surを正式にサポートしています
MailTrackerBlocker 00003

スポンサーリンク


インストール後、プラグインはトラッキングピクセルがロードされないようにし、カウンタは時刻とメールボックス名の横のメール詳細に直接見つかったトラッキングピクセルの数を表示します
MailTrackerBlocker 00004
カウンターをマウスでクリックすると、犯人の詳細が表示されます

現行バージョンのMailアプリ拡張では、カウンターは非常に目立たず、中央に小さな十字がある青色または灰色の八角形として電子メールビューにのみ表示されます

手動アクティベーションが必要

ダウンロードしてインストールした後、「設定」> 「一般」> 「プラグインの管理」> 「MailTrackerBlocker」領域のメールアプリケーションの設定で、MailTrackerBlockerを手動でアクティブにする必要があります

「MailTrackerBlocker」はこちらからダウンロードできます

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)