Apple、MagSafe搭載の薄型軽量化ハイエンドMacBook Airを開発中、2021年後半に発売か

Apple、MagSafe搭載の薄型軽量化ハイエンドMacBook Airを開発中、2021年後半に発売か

Appleが「薄型軽量化」バージョンのMacBook Airを、早くても今年後半か2022年中にリリースする計画であることが、BloombergのジャーナリストMark Gurman氏による新たな報道でわかりました

AppleはMacBook Airの15インチスクリーンの大型化を検討していましたが、Appleは次世代向けにこれを進めるつもりはないと、関係者らは述べました、Appleの広報担当者はコメントを控えています

報告書によると、新型MacBook Air 13には、外部機器を接続するためのUSB 4ポートがペアで搭載されると言われています、11月にアップグレードされたMacBook Airは、引き続き同社の製品ラインアップに含まれる見込みです

AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は以前、Appleが2022年にMacBook Airを発売すると以前に述べており、2021年には刷新されない可能性があることを示唆しています、Kuo氏によると、2022年のMacBookにはmini-LEDディスプレイが搭載されると言います、これもDigiTimesによる予測と同じです

スポンサーリンク


2020年10月に発売されたiPhone12および12Proモデルで、Appleは「MagSafe」を再発明しました、これはかつてMacBook用に設計された分離型磁気充電ケーブルに使用されていた名前です

MagSafe はMacのラインナップから完全に段階的に廃止され、MagSafeを搭載した最後のマシンである2017年 MacBook Airは2019年7月にAppleによって製造中止になりました

Kuoは最近、「MagSafe」充電コネクタの設計が将来の設計でAppleのMacBookに復元されると主張しましたが、AppleがUSB-Cに移行して以来、それが何を意味するのかは明確ではありませんでした

Gurman氏は別のレポートで、 MagSafe ポートはUSB-Cの代わりに使用されるスタンドアロンの充電ポートであり、新しいポートはUSB-Cポートの隣にあることを明らかにしました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)