【Mac】Rogue Amoeba、サウンドコントロール「SoundSource 5」をリリース

【Mac】Rogue Amoeba、サウンドコントロール「SoundSource 5」をリリース

Rogue Amoebaは、サウンドコントロールアプリ「SoundSource for Mac」を「SoundSource 5」としてメジャーアップデートしています

SoundSourceを使用すると、ユーザーはすぐにメニューバーからサウンドコントロールにアクセスできるので、MacOSに組み込む必要があります

Zoomの音質を向上させたり、オーディオデバイスに瞬時にアクセスできるようにしたり、他のオーディオよりも大きな音量で音楽を再生したり、SoundSourceはMacでオーディオを使う人の生活を向上させます

SoundSource 5 00002 z

スポンサーリンク

SoundSource 5の主な機能

  • 洗練されたインターフェース
  • SoundSourceのメニューバーアイコンにはMacの音量レベルが常に表示され、サウンドが完全にミュートされていることがわかります

    メインウィンドウがスリム化され、必要なすべてのコントロールと情報が表示されます、また、新しい 「コンパクト」 ビューでは、画面スペースをさらに節約しながら、必要なものすべてにアクセスできます

    微妙なアニメーションやアートワークの強化、システムのアクセントカラーのマッチングのサポートなど、新しいインターフェース

  • 自動アプリ処理
  • SoundSource 5 00003 z
    SoundSourceコントロールを手動で管理する必要がなくなりました、代わりに、すべてが自動的に処理されます、アプリが音声を生成すると、SoundSourceはそれをそのリストに追加し、ユーザーが必要な調整を行えるようにします

    オーディオの生成を停止するとアプリが削除され、将来のために必要な調整も保存されます

    アプリケーションがオーディオを生成していない場合でも、そのアプリケーションがリストに含まれていることを確認するには、「お気に入り」 の星をクリックするだけで、オーディオを生成していないときでもアプリが表示されるようになります

  • 効果の改善
  • SoundSource 5 00004 z
    オーディオエフェクトを適用すると、新しいMagicBoost 2と使いやすい10バンドイコライザーを搭載したアップグレードされた内蔵エフェクト、インストールされているオーディオユニットをすばやく検索できる機能や、最新のオーディオユニットv 3仕様のサポート

    新しいピン留め可能なエフェクトにより、何をしていてもコントロールに簡単にアクセスできます

SoundSource 5はmacOS High Sierra以降で利用でき、フルバージョンの価格は39ドルですが、
8月中は29ドルという特別価格で提供されています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)