第1四半期のMacの出荷台数は、リモートワークでPC需要が好調の中で20%減少

第1四半期のMacの出荷台数は、リモートワークでPC需要が好調の中で20%減少

Canalysが今週発表した新しいデータによると、2020年第1四半期にPC業界の需要が急増したのは、COVID-19がリモートワークと遠隔学習に新たに依存したためだと言います

このような需要の伸びにもかかわらず、Canalysは「生産や物流の大幅な遅れ」が実際には前年比出荷台数の減少につながったと指摘しています

データによると、2020年第1四半期のPC出荷台数は前年同期比8%減の5,370万台でした

トップベンダーのランキングは安定しており、Lenovoは1,280万台を出荷し、依然としてPC市場をリードしています

Canalys 0411 00002 z

Canalysは2019年第1四半期のMacの出荷台数を407万台と予測しており、2020年第1四半期には320万台に減少すると予測しています

スポンサーリンク


Canalysはまた、仕事と家庭からの学習への移行の中で「他の多くのホームテクノロジー」が大きく成長したと指摘しています

CanalysのアナリストであるIshan Dutt氏は今後、PC業界の需要が第1四半期ほど好調を維持するとは予想していいません

第2四半期に入ると、中国の生産制約は緩和されました、しかし、第1四半期に見られたPC需要の急増は今後も続きそうになく、今年の残りの期間はそれほど明るいものではなさそうです
企業がオフィスのためにテクノロジーに投資することはほとんどないと予想されます、多くの家は新しい設備を備えたばかりで、世界的な不況が始ままりました。企業は倒産し、数百万人が新たに失業することになるでしょう。政府や大企業でさえ、他の支出を優先しなければならないでしょう











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)