Macの「写真.app」で画像をエクスポートする方法による違いを理解する

Macの「写真.app」で画像をエクスポートする方法による違いを理解する

Macの「写真.app」で画像をエクスポートするとすべてをエクスポートできない場合があります

メニューの「ファイル」>「書き出し」で、JPEG、TIFFまたはPNGを選択する必要があり、また品質の設定を調整しないと圧縮される可能性があります

元のフル解像度ファイルが必要な場合、またはライブ写真に添付されているビデオを取得したい場合は、簡単な方法でおこなうことができます

モディファイヤキーと組み合わせてドラッグ&ドロップして元のファイルを取得することも、「書き出し」メニューを使用して元のファイルを取得することもできます

ドラッグ&ドロップの方法がより高速ですが、「書き出し」メニューではより多くの選択肢が提供されます

元の形式で画像をエクスポートすると、特に他のアプリで高品質の写真を使用する場合など、さまざまな場面で役立ちます

スポンサーリンク

元画像をドラッグ&ドロップする

「写真.app」で「option(⌥)」キーを押しながら、画像をFinder またはデスクトップにドラッグ&ドロップしエクスポートします

この場合、元の画像形式でエクスポートされ圧縮されません、またLive Photosの場合は画像と「.mov」ビデオファイルをエクスポートします

「写真.app」でトリミング、ノイズリダクション、シャープなど編集をおこなった場合、モディファイヤキーを使用すると、すべての編集が削除されます

Photos export 00001 z

スポンサーリンク

元の画像とメタデータをエクスポートする

「エクスポート」メニューから画像をエクスポートすると、エクスポートプロセスをより詳細に制御できます

「写真.app」のメニューバーで、「ファイル」>「書き出す」を選択し、通常の「X枚の写真を書き出す…」を選択する代わりに、「X枚の写真の未編集のオリジナルを書き出す…」をクリックします
Photos export 00002 z

画像の書き出しウィンドウには幾つかのオプションがあり、「IPTCをXMPとして書き出す」を有効にすると、イメージIPTCメタデータとキーワードが.xmpサイドカーファイルとしてエクスポートされます

Photos export 00003 z

メタデータには、場所、カメラモデル、タイトル、説明、キーワード、著作権情報などを含めることができ、この「.xmp」ファイルは、Adobe Lightroomなどの多くの画像編集プログラムで読み取ることができます

「ファイル名:」のドロップダウンメニューの場合は、デフォルトでは「ファイル名を使用」でインポート時と同じ名前でエクスポートされます、また「タイトルを使用」、「連続」「番号付きのアルバム名」を選択することができます

Photos export 00004 z

「連続」を選択すると「連続時のプレフィックス:」でファイル名を指定して、連続の番号を付加することができます

Photos export 00005 z

またオプションの「サブフォルダのフォーマット:」ではデフォルトの「なし」または「写真.app」で指定されたモーメントに基づいて写真をフォルダに分類する「モーメント名」を指定することができます

Photos export 00006 z

選択したものはすべて元の形式でエクスポートされ、圧縮されません

Live Photsの場合は、画像と「.mov」ビデオファイルをエクスポートします

また、「ファイル」>「書き出す」メニューでは、画像に関連付けられた「.aae」ファイルもエクスポートできます

Photos export 00007 z

「.aae」ファイルとは?

これは、写真やその他のiOSアプリのメディアに行った非破壊編集のすべてを格納するXMLファイルです

TextEditのようなアプリで読むことができ、他のmacOSおよびiOSデバイスの写真に関連ファイルとともにインポートできます

元のメディアだけが必要な場合は、「.aaeファイル」を削除しても問題ありません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)