Apple、ソフトウェアアップデートで16インチMacBook Proのスピーカーの「ポッピング」音の問題を間もなく修正

Apple、ソフトウェアアップデートで16インチMacBook Proのスピーカーの「ポッピング」音の問題を間もなく修正

スピーカーの「ポッピング」音

MacRumorsが入手した内部文書で、Appleは新しい16インチMacBook Proでスピーカーの「ポッピング」音の問題を調査しており、将来のソフトウェアアップデートで修正プログラムを利用できるようにする計画です

Apple認定サービスプロバイダーに公開したメモは次のように記載されています

MacBook Pro(16インチ、2019)で再生を停止したときに「ポッピング」音が聞こえる場合、


Final Cut Pro X、Logic Pro X、QuickTime Player、音楽、ムービー、またはその他のアプリケーションを使用してオーディオを再生している場合、ユーザーは再生が終了した後、スピーカーから「ポッピング」音が発生します。Appleはこの問題を調査しています。修正は、将来のソフトウェアアップデートで計画されています。これはソフトウェア関連の問題であるため、サービスをセットアップしたり、ユーザーのコンピューターを交換したりしないでください

Appleは、昨日のテストのために、macOS Catalina 10.15.2 beta 4を開発者にリリースしましたが修正がいつ実装されるかは不明です

(Via MacRumors.)



現状での対応方法は、アプリケーション「Audio MIDI設定」で設定を変更する方法です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)