Apple、Gatekeeper Configuration Dataのバージョンを175にアップデート

Apple、Gatekeeper Configuration Dataのバージョンを175にアップデート

Gatekeeper Configuration Data

AppleはGatekeeperによって使用されるデータの更新をプッシュし、バージョンを前回のバージョン173から175にアップデートしています

Gatekeeper 20190801 00001 z

Appleは、このアップデートがどのような変更かについての詳細は発表していませんが、しかしそれは通常署名ソフトウェアで使用されたセキュリティ証明書の最近の失効を含むと予想されます

ただ気になるのは、Eclectic Light Companyがリリースしているアプリ「EFIcienC」で確認するとバージョン175と表示されます

Gatekeeper 20190801 00003 z

しかしながら、インストールリストではバージョン174となっています
Gatekeeper 20190801 00004 z

スポンサーリンク

確認方法

このアップデートがインストールされているかどうかを確認するには、「このMacについて」から「システム情報」を開き、「ソフトウェア」の下の「インストール」項目を選択します

表示されれば、ソートを「インストール日」の新しい順にすると確認することができます

「サイレント」セキュリティ更新プログラム

「サイレント」セキュリティ更新プログラムを自動でインストールには、「システム環境設定」>「ソフトウェアアップデート」で「詳細…」ボタンをクリックし「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」にチェックが入って有効になっている必要があります

MRTConfigDate20190711 00003 z











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)