MacBook Air 2019は2018年モデルより遅いSSDを搭載

MacBook Air 2019は2018年モデルより遅いSSDを搭載

MacBook Air 2019

先週発表さ れたMacBook Air 2019は、MacBook Air 2018とほとんど違いがありません

Appleはまた、新しいモデルのための採用した唯一の変更は、True Tone技術だと伝えました、それはスクリーンが周囲の明るさに従って自動的に測色を調整することを可能にします

しかし、正式に発表されていませんが、MacBook Air 2019に搭載されているSSDは、2018年モデルより遅いです

Blackmagicのディスク速度テストツールは、256GBのストレージを搭載したMacBook Air 2019の SSDは、書き込みで1GB/秒、読み取りで1.3GB/秒の速度に達することができることを教えてくれます

昨年の同等のモデルは、書き込みで920 MB/秒、読み取りで2GB/秒に達しました

したがって、書き込みはわずかに改善されていますが、読み取り速度は急激に低下しています

128 GBのストレージを搭載したモデルは、書き込みで500 MB/秒、読み取り速度が1.3GB/秒を測定しました

大容量SSDを搭載したモデルはテストされていません

スポンサーリンク


MacBook Air 2019 SSD 00001 z

Appleは長年にわたり、増え続けるフラッシュメモリモジュールをラップトップに組み込んできました、そしてこれらのSSDは、ほとんどのユーザーの使用にに比べて過度の速度に達する場合があります

そして、MacBookモデルの価格に影響を与えます、AppleがMacBook Air 2019の価格を下げるために変更した可能性があります

(Via Consomac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)