Microsoft は、Office 2019 for MacおよびOffice 365のシステム要件を変更

Microsoft は、Office 2019 for MacおよびOffice 365のシステム要件を変更

MicrosoftのOfficeチームは、Officeソフトウェアパッケージの、macOS Catalinaのベータ段階を開始しました、それに伴いシステム要件の変更をおこなっています

2つの最も重要なポイント

  • macOS Catalinaが利用可能になるとすぐに、現在のMicrosoft OfficeアプリはmacOS Sierraでサポートされなくなります
  • 自分のシステムをmacOS Catalinaにアップグレードするユーザーは、32ビット版がサポートされないので、Office 11アプリケーションは利用できなくなります

MacOS Catalina Office 00002

Microsoftがこのサポート文書で要約した変更点、および今後のOffice 2016の更新プログラムの終了についての目安として、最新バージョンのOfficeは、最新の3つのMacオペレーティングシステムをサポートしています

新しい macOS(macOS 10.15 Catalina)の主要バージョンが一般的に利用できるようになると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートをドロップして、最新のバージョンと前の2つの macOSをサポートします。たとえば、macOSの次期メジャーバージョンがリリースされると、Office for Mac では最新バージョンと10.14 と10.13 がサポートされますが、macos 10.12 はサポートされなくなります

スポンサーリンク

macOS をサポートされているバージョンに更新しない場合

サポートされていないバージョンの macOS を使用している場合、Office アプリは引き続き動作しますが、セキュリティ更新プログラムなどの更新プログラムを受信できなくなります。たとえば、macOS 10.12 を使用しているが、macOS 10.12 がサポートされなくなったときに、macOS をサポートされているバージョンに更新しないと、あらゆる種類の更新は届きません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)