WWDCを前にリークされた次期macOS 10.15のミュージックとテレビアプリのスクリーンショット

WWDCを前にリークされた次期macOS 10.15のミュージックとテレビアプリのスクリーンショット

スクリーンショット

WWDCまで1週間足らずになっていますが、WWDC 2019で発表されるであろう次期macOS 10.15のミュージックとテレビのアプリケーションのスクリーンショットがリークされ公開されました

新しいミュージックアプリケーションはiTunesをベースにしています

ミュージックとテレビのアプリケーションはどちらもにたようなデザインで、グレーのサイドバーにはコンテンツのセクションが表示され、右側には実際のコンテンツ用の広い領域があります

スクリーンショットからもわかるのは、カラフルなサイドバーアイコンがmacOSに戻ったことです

どちらのアプリケーションでも、サイドバーアイコンはアプリケーションの色合いを使用し、ドロップシャドウで、上から下に向かって連続的なカラーグラデーションとなっています、以前のバージョンのmacOSのサイドバーでは一般的でした
MacOS 10 5 SS 00002 z

スポンサーリンク


macOS 10.15の音楽は、iPhoneやiPodなどのユーザーのデバイスを同期する機能を保持しています

検索バーはサイドバーに移動しました。これは、iTunesから継承された、Apple ミュージックカテゴリとユーザーのローカルミュージックライブラリの両方を統合したものです
MacOS 10 5 SS 00003 z
macOS 10.15上の新しいテレビアプリケーションは、macOS 10.15でも導入されている新しいBooksアプリと同様のパターンに従って、ユーザーのライブラリをオンラインコンテンツから分離するための異なるアプローチを使用しています

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)