macOS 10.15では、Apple Watch でシステムのロック解除以外の認証を拡大

macOS 10.15では、Apple Watch でシステムのロック解除以外の認証を拡大

Apple Watchの認証を拡大

macOSの開発に詳しい情報筋によると、AppleはMacOS 10.15では Apple WatchでMacをシステムのロック解除することに加え Apple Watchの認証を拡大することに取り組んでいると言います

もし本当なら、Touch IDを持たないMacモデルを所有しているユーザーは、自分のApple Watchを利用して、単に自分のmacOSアカウントにログインするだけでなく、それ以上のことを実行できるようになります
MacOS Apple Watch 00001a z

スポンサーリンク


現在、Apple Watchの着用者は、自分のコンピュータのロックを解除し、時計のサイドボタンをダブルクリックすることでApple Payの購入を認証することができます

サポートされる操作の範囲は明確ではありませんが、現在Touch IDで認証されている可能性のあるすべての操作にもApple Watchメカニズムを介してアクセスできる可能性があります

ユーザー入力なしですべてを行うのはそれほど安全ではないので、現在のApple Payの確認と同様に、そのプロセスを承認するためのwatchOS上のユーザーインターフェースがある可能性があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)