AppleのQualcommへの支払いは60億ドル、iPhone 1台のロイヤリティは9ドル

AppleのQualcommへの支払いは60億ドル、iPhone 1台のロイヤリティは9ドル

Qualcommのワイヤレス業界での経験は、他の追随を許さない

Appleは、Qualcomm との間ですべての訴訟を停止し、チップメーカーのモデムを再び使用し始めることを決定しました

この協定には6年間のライセンス協定が含まれており、Appleが独自のモデムを設計し、Qualcomm との提携を切り開くための新しい期限が定められました

CNBCによると、AppleのQualcommへの支払いは50億ドルから60億ドルの間での可能性が高く、iPhone 1台のロイヤリティは8ドルから9ドルの範囲と推定しています

広大なサプライチェーンから効率を絞り出し、コンポーネント設計を社内に取り入れることが Appleの戦略で、これはiPhoneの成功の大きな部分を占めており、競合他社との差別化を図っています

Appleのモバイルプロセッサは業界最高のもので、携帯電話は速くて滑らかです、同社はまた、将来のデバイスのための独自のディスプレイ技術にも取り組んでおり、雇用は、同社が電池の製造に関する研究を模索している可能性があることを示唆しています

モデムは他の種類のプロセッサよりも多くのエンジニアリング層を必要とし、世界中のどこででも円滑に機能させるには、幅広い業界ノウハウを必要とする複雑な作業が必要です

Appleは約1年前にモデムの社内作業を始めました、そしてその部分は通常構築するのに少なくとも2年、テストするのにもう1年半かかります

スポンサーリンク


Qualcommはこの仕事の多くを電話メーカー向けに行っており、すべての主要な通信機器メーカーおよびベンダーとの関係構築に何年も費やしてきました

規格が変更され、新たな機器やサービスが展開されると、それはますます重要になります

状況に詳しい人たちによると、Appleは2020年には早くもQualcommモデムを搭載した5G iPhoneを発売する予定だといいます

それでも、Appleはモデムに関しては自給自足であるという目標を放棄していません、Qualcommとの法的な争いをしている間に、Appleは独自のコンポーネントで作業を始めました

Appleはこのイニシアチブのためにさらに何百人も雇うことを計画しています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)