Apple、MacBook Air 2018のディスプレイの明るさを400ニトに変更

Apple、MacBook Air 2018のディスプレイの明るさを400ニトに変更

明るさの仕様変更

MacBook Air 2018は、以前は300ニトのディスプレイを搭載しているとされていましたが、これはMacBook Proモデルが出力可能な明るさの500ニトをは​​るかに下回っています

ただし、AppleのWebサイトの比較ツールでは、MacBook Air with Retinaの仕様が予告なしに、300ニトから400ニトに変更されていることがわかりました
MacBook Air Retina display 00001
Redditのユーザー “cheesepuff07” によって発見された、比較ツールはモデルを300ニトではなく400ニットのパネルを持つものとして表示します

まったく同じ比較の以前のリストも同じ結果を示していますが、モデルの明るさは300ニトで、3月29日以降に変更が行われたことを示しています

スポンサーリンク


この仕様は、macOS 10.14.4 アップデートのリリースノートには、MacBook Air 2018で「デフォルトスクリーン輝度を修正する」と記載されていました

「ワイドスクリーンディスプレイ」を搭載したより安価なMacBook Air 13インチは、まだその明るさを300ニットで示しているため、スペックの変更はRetinaディスプレイを搭載したモデルにのみ行われたようです

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)