Apple、和解後の2020年に5G IPhone用のQualcommチップを使用することを計画

Apple、和解後の2020年に5G IPhone用のQualcommチップを使用することを計画

2020年のiPhone

日経に語った情報筋によると、Appleは2020年のiPhoneで使用するためにQualcommから5Gモデムチップを購入することを計画していいます

Appleは、2019年のiPhoneラインナップでQualcommチップを使用することはできませんが、すでに2020デバイス用のQualcommの5Gチップをテストしています

和解の直接の情報筋によると「Appleが今年クアルコムのチップを使用するのは遅すぎるが、2020年には、契約を確定した後にiPhone用のチップメーカーから5Gモデムチップを含むモデムチップを購入する」と述べています

Appleは当初、2020年のiPhoneにIntelの5Gチップを使用することを計画していましたが、最近の報告によると、Intelは開発期限を守っておらず、AppleはIntelに対して信頼をなくしています

スポンサーリンク


2020年9月の発売のために、Appleは2019年中頃に5Gチップのサンプルを手元に用意する必要があり、完成したチップは2020年初頭に入手可能になり、Intelはその目標を達成できないかもしれないと噂されています

QualcommはすでにX50とX55を含む2つの5Gチップを発売しました

Appleが2020年のiPhone専用にQualcommだけのチップを使用するのか、それとも過去のようにQualcommとQualcommの間で注文を分割するのかは明確となっていません

Appleは自社のモデムチップを自社で開発して、QualcommまたはIntelのどちらにも頼らないようにしているが、これらのチップは2020年のiPhoneの発売に向けて準備ができていないと伝えられています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)