Apple、iOS 12.2でオーディオメッセージ品質を改善

Apple、iOS 12.2でオーディオメッセージ品質を改善

8000 Hzから24000 Hzへ

iOS 12.2ベータ版では、Appleは以前に使用されていた8000 HzのAMRコーデックから24000 Hzの新しいOpusコーデックに切り替えた後にMessagesアプリケーションで送信されるオーディオメッセージの品質を改善しました

オーディオ品質の向上に関する詳細は今朝Twitterで公開されました

Appleは以前はオーディオメッセージに「.AMR」ファイルフォーマットを使用していましたが、ベータ版では「.CAF」に交換しました
Audio Messages Quality 00002
iOS 12.2またはmacOS 10.14.4を実行しているiOSデバイスやMacで、「.CAF」ファイルははるかに鮮明、明瞭、大音量に聞こえ、以前のオーディオ品質を大幅に改善します

今のところ、改善された音質を聞くには、iOS 12.2を実行しているデバイスからiOS 12.2を実行しているデバイス(またはmacOS Mojave 10.14.4を実行しているMac)にオーディオメッセージを送信する必要があります

iOS 12.1.4を実行しているデバイスに送信されるオーディオメッセージは、元の「.AMR」ファイル形式を使用し、改善された「.CAF」ファイル形式は使用されません

スポンサーリンク


最初にニュースを共有したTwitterユーザーは、Twitterで比較しています

新しい24000 Hz Opusコーデックではファイルサイズが大きくなるように見えますが、Messagesではデフォルトでオーディオコンテンツが数分後に削除されるため、あまり問題にならないはずです

iOS 12.2にアップデートすると、すべてのiOSユーザーはメッセージアプリでオーディオメッセージの品質が大幅に向上することを期待できます

iOS 12.2がAppleの3月25日のイベントの直後にリリースされることが期待されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)