【Mac】Thunderbolt 3ケーブルが長いとパフォーマンスの影響が実際にどれくらいあるのか?

【Mac】Thunderbolt 3ケーブルが長いとパフォーマンスの影響が実際にどれくらいあるのか?

Thunderbolt 3対応のサードパーティ製の製品は、0.5mのケーブルが付属する傾向があります

アクティブケーブルとパッシブケーブル

Thunderbolt 3が長いとパフォーマンスを妨げると言われています、Thunderbolt 3ケーブルにはアクティブケーブルとパッシブケーブルの2つの基本的なタイプがあり、ケーブルの種類によって違いがありますが、実際どのくらいの影響があるのでしょうか?

パッシブThunderbolt 3ケーブルは、製造コストが安く、長くなるとパフォーマンスが低下します
そのために、Thunderbolt 3ドック、ハブ、eGPUなどにバンドルされた0.5メートルのケーブルがバンドルされていることが多くなっています
Thunderbolt 3 cable 002
0.5mのパッシブThunderbolt 3ケーブルは、最大速度40Gbpsの接続が可能ですが、0.5m以上のパッシブThunderbolt 3ケーブルは 20 Gbpsの接続です

完全な40 Gbps接続を維持したまま、より長いThunderbolt 3ケーブルを使用するには、CalDigitのようなアクティブなケーブルを使用する必要があります

アクティブケーブルには、データ転送を規制するプラグにトランシーバが内蔵されています。これらのトランシーバは、より長い長さにわたって必要な安定性を提供します

スポンサーリンク

アクティブケーブルの問題点

Thunderbolt 3ケーブルは理論上、USB 3.1、USB 3.0、USB 2.0 Type-Cデバイスと下位互換性があります
Thunderbolt 3 cable 003 z
アクティブThunderbolt 3ケーブルの場合は、1mや2mのケーブルのような長いケーブルは、長距離にわたって最大限の安定性を提供する技術が必要です
そのため、長いケーブルはUSB 3.1やUSB 3.0との下位互換性をサポートしません、そのためその接続がUSB 2.0の速度になります、これは超低速480 Mb / sです

とは言え、実際に0.5mのケーブルは、モニタやeGPUの配置に大きな制約を加えてしまいます

0.5mのパッシブケーブルは2mのアクティブケーブルより高速なのか

9to5Macが、0.5mのパッシブThunderbolt 3ケーブルと2mのアクティブThunderbolt 3ケーブルを使用して、eGPUと外部SSDパフォーマンスを測定するいくつかのテストを実施しています
同時に20Gbpsで接続されたパッシブThunderbolt 3ケーブルのように動作するUSB​​-C SS 10ケーブルの結果も掲載しています
Thunderbolt 3 cable 004 z
この数値は5回実行し、1番目と5番目の結果を削除し真ん中の3つの結果の平均値です

長いパッシブThunderbolt 3ケーブルの 20 Gbpsで接続するケーブルでさえ、ほとんどのテストで良好に機能しました
ただし、RAID対応のSSDエンクロージャーでディスク速度テストを実行すると、20 Gbps接続が大きく差がつきました

スポンサーリンク

電力供給

電力供給は、これらのケーブルについて考慮する必要があるもう一つの側面です

一部のケーブルは、USB Power Delivery仕様で提供される最大100Wをサポートしますが、すべてのケーブルでサポートされるわけではないので、メーカーに確認する必要があります

前述のCalDigit Thunderbolt 3ケーブルは、アクティブThunderbolt 3ケーブルで適格な機器に最大100Wの電力を供給することができます
Thunderbolt 3 cable 005 z

結論

特にeGPUや外付けドライブなどの製品を、Macから離れた場所に移動して柔軟性を持たせ、使いやすさを求めるなら、アクティブThunderbolt 3ケーブルは最良の選択しとなります

(Via 9to5Mac , CalDigit)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)