Apple、T2チップ搭載の2018 MacBook ProとiMac Proでのクラッシュ

Apple、T2チップ搭載の2018 MacBook ProとiMac Proでのクラッシュ

MacBook Pro 2018のスロットル問題が解決されましたが、Appleはもう1つの重大な問題を抱えています、T2プロセッサとその「BridgeOS」ソフトウェアに起因するクラッシュです

Digital Trendsが最初に気づいたように、複数のApple Discussionsスレッドのユーザーが、AppleのTシリーズプロセッサを搭載したMac専用のBridgeOSという名前のあいまいなmacOSソフトウェアコンポーネントをリストしたクラッシュを報告しています

クラッシュは毎日から毎週に起こり「カーネルパニック」として現れ、T2チップを搭載したMacをシャットダウンして再起動させます
Imac T2 001
Appleは、特定のMacBook ProのTouch Bar機能を管理するためのT1プロセッサを発表しました、T2は、もともとMacBook Pro 2018に搭載する前にiMac Proに導入されました
ストレージ、オーディオ、画像処理、システム管理など、複数のMacサブシステムのセキュリティと制御を担当しました

新しいMacBook Proでは、2014年のiPhone 6以降、iOSデバイスに搭載されている「Hey Siri」サポートも有効になっています

スポンサーリンク


どうやら、BridgeOSのクラッシュは、T2チップの機能が無効になったときに起こるようです、ただ技術者がBridgeOSソフトウェアを静かに更新している間、Appleはさまざまなソリューションを提供しています
場合によっては、問題を修正せずにハードウェアを非難し交換したことがありますが、コンピュータのハードドライブを新しいものに交換することを示唆しているものもあります

その他の回避策には、FileVaultとPower Napを無効にする方法、ストレージと電源の管理にT2を使用する機能があります

T2は複数のMac機能を管理しているため、コンピュータをアイドル/スリープモードにする、他のT2関連の電源管理設定を使用する、アクセサリをデイジーチェーン接続する、Thunderbolt 2アダプタを使用する、アップルウォッチ、Power Napを使用したり、サードパーティのカーネル拡張を有効にしたり、Secure Bootを使用することができます

BridgeOSのカーネルであるiMac Proのリリース以来、パニック問題が蔓延してきています、比較的小さなユーザーベースを持つ、特に高価なニッチなコンピュータですが、MacBook Proは人気のある製品です
Appleが同じチップとソフトウェアを使用するので、すでに解決したと思うかもしれません

しかし、複数のApple Discussionsスレッドは、新しいラップトップでも問題が顕在化していることを示唆しています

あるユーザは、Macがアイドル状態になっているときに、2日でマシンが「少なくとも6回」クラッシュしたことに気付きました、エラーメッセージは、原因としてBridge OS 2.4.1を挙げています
これは明らかに最新バージョンのmacOS上で動作しています

ユーザーは、Appleがこの問題を何ヶ月も認識していると報告しているが、まだ完全な修正は行われてはいません

ディスカッションスレッドは、関心の高まりが問題の迅速かつ適切な解決につながるという希望を表明しました 、それは影響を受けるiMac ProおよびMacBook Proコンピュータのプレミアム価格を考えると、納得出来る要求です

(Via Venture Beat.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)