macOSの脆弱性によりパスワードがプレーンテキストで表示される

macOSの脆弱性によりパスワードがプレーンテキストで表示される

macOSの新しい脆弱性は、暗号化されたAPFS外部ドライブに使用されるパスワードをプレーンテキストで公開しているため、Appleのセキュリティの悪夢は終わりには思われない

セキュリティの欠陥はmacOS 10.13.1に存在し、ターミナルコマンドだけで悪用される可能性があります
新しいバージョンのオペレーティングシステムはおそらくこの欠陥から保護されています、しかし、mac4n6.comによれば、macOS 10.13.3にはまだ存在するバグが存在し、暗号化されていない既存のAPFSドライブを暗号化する際に検出されます

Appleは明らかにこのバグに口を閉ざしているので、最新バージョンのmacOSで対処しているかどうかは分かっていませんが、古いものと同じように脆弱性を引き起こすことはできません

スポンサーリンク

macOSセキュリティの焦点

これは、最近発見されたバグが高度なコンピュータ技術を必要としない方法でrootパスワードを公開したため、最近macOSで発見された唯一のセキュリティ脆弱性ではありません

Appleはルートバグを認め、修正パッチを提供し、2番目のパッチで対処される問題が増えました

セキュリティの悪化で、Appleは、次のソフトウェアアップデートのための戦略を再考することを余儀なくされ、macOS と iOS のための新機能に焦点を当てるのではなく、同社はその製品のセキュリティと信頼性をされに高めることを約束しました

これは、macOS 10.14やiOS 12のような次のリリースでは、新しい機能はほとんどなく、Appleのデバイスでこのような問題に対処するコードが洗練されることを意味します

次のmacOSとiOSのバージョンは、新しいデバイスが秋に公開される前に夏のWWDCでプレビューされる可能性が高い

この新しい戦略がどのように機能するかは、顧客が常に新しいソフトウェアのアップデートがデバイスがリリースされるたびに新しい機能を期待しているため、この新しい戦略がどのように機能するか引き続き注目されています
画像元:mac4n6
(Via Softpedia.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)