【Mac】HDRエディタ「Hydra」がメジャーバージョンアップでグラフィックスAPI「Metal」に最適化

【Mac】HDRエディタ「Hydra」がメジャーバージョンアップでグラフィックスAPI「Metal」に最適化

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Hydra 4



なる露出値の写真を複数組み合わせることで、美しいハイダイナミックレンジ(HDR)の画像を作成することができる「Hydra」がメジャーバージョンアップで「Hydra 4」をリリースしています

Hydra4 002



スポンサーリンク



バージョン4の新機能


  • Metal用に最適化
  • 透明のユーザーインターフェース
  • 高精度かつリアルタイムの配置や微調整を可能とする、自動または手動による位置調整機能
  • リア定義ツールを使ったりアウトプットをエリア毎に決めることで、ゴーストを手動で除去
  • 高精度の128ビット内部形式
  • 大きく改善されたトーンマッピング
  • ビフォアアフターがチェックできる、高度の比較ツール
  • 様々な形式(JPEG、RAW、HDR、EXR)の単数または複数の写真が使用可能
  • 27インチの最新iMacの30ビット、DCI-P3ディスプレイなどへの対応
  • Appleの写真Appとの融合(インプット/アウトプット)



現在、Mac App Storeではリリース記念として25%オフの¥5,400です

興味の在る方はオフィシャルサイトから試用版をダウンロード出来ます



Hydra – 美しいHDR画像を作成できるアプリ
カテゴリ: 写真
価格: ¥7,200 → ¥5,400(記事公開時)


リリース日: 2016/08/10
サイズ: 21.5 MB
ユニバーサル対応:
バージョン: 4.0
販売元: Creaceed SPRL

ss1 ss2












スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)