ファイルメーカー、「FileMaker Cloud」の日本リリースを発表

ファイルメーカー、「FileMaker Cloud」の日本リリースを発表

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

FileMaker Cloud

ファイルメーカー社は、FileMakerプラットフォームで作成したカスタム Appをチームで共有する際にサーバー導入と管理の負荷が大幅に低減する「FileMaker Cloud」の日本リリースを発表しています

FileMaker CloudはAWS Marketplaceを通じて提供され、Amazon Web Services (AWS) クラウド上で稼働します

FileMaker Cloudは2016年9月に米国での提供を開始し、2017年3月にはヨーロッパにも展開されました。このたびさらに3つのリージョン、東京、シドニー、およびカナダのAmazon Web Services (AWS) データセンターに対するサポートが追加され、より国際的に利用可能になりました


スポンサーリンク



FileMaker Cloudの利点

  • 低い初期費用
  • サーバーハードウェアのための支出は不要です。FileMaker CloudをサポートするAWSの サーバーは、日本、米国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ドイツにあります。お近くのリージョンをお選びいただけます

  • スピーディな展開
  • サーバーハードウェアのセットアップやソフトウェアのインストールは必要ありません。20分程度で FileMaker Cloudを稼働できます

  • 即時のスケーラビリティ
  • 急なニーズまたは季節のニーズに合わせて簡単に拡張または縮小できます。ハードウェアを追加購入する必要も、使用しない機器をメンテナンスする必要もありません

  • ネットワークセキュリティ
  • 業界標準のSSL/TLSレベルの暗号化をサポートしています。構成およびインストール済みの90日間の評価用SSL証明書が付属しており、これらのSSL証明書は公式オンラインストアのFileMaker Storeで同じホスト名とドメインを使用して更新できます。更新期間は1年、2年、または3年から選択

(Via ファイルメーカー.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)