ユニバーサルコントロールはiPadOSの長年の開発の成果とAppleのプロダクトマネージャーが語る

ユニバーサルコントロールはiPadOSの長年の開発の成果とAppleのプロダクトマネージャーが語る

ユニバーサルコントロールは、iPadOSプラットフォームでの長年の作業の結果であり、iPadとMacの間のギャップを埋める「ユニバーサルコントロール」などの機能が存在することを可能にしていると、Appleのプロダクトマネージャーは今週の新しいインタビューで述べています

iOS、iPadOS、macOSを担当するAppleのプロダクトマネージャーであるVivek Bhardwaj氏は、AppStories Podcastのインタビューで、ユニバーサルコントロールに関するAppleの考えを述べました

Bhardwaj氏は、Appleのユニバーサルコントロールに対するアプローチは、ユニバーサルクリップボードやApple WatchでMacのロックを解除する機能など、既存のコンティニュイティ機能をベースに、iPadとMacプラットフォーム間でより連続した体験を実現するためのものであると述べています

Bhardwaj氏は、このプロジェクトを存続させるために、AppleはまずiPadOSをプラットフォームとして開発する必要があったと述べています

Bhardwaj氏は、システム全体でファイル、写真、テキストなどをドラッグアンドドロップする機能や、iPadの本体でトラックパッドを使用するためのサポートなどの機能を参照しています

スポンサーリンク


ユニバーサルコントロールを使用するには、少なくとも1台のMacをワークフローに含める必要があります、これは、2つ以上のiPad間でのみ使用することはできないためです

ユニバーサルコントロールが複数のiPadの間だけで使えるようになるかどうかについて、Bhardwaj氏は、AppleはiPadとMacの両方を念頭に置いてユニバーサルコントロールを設計したと述べ、Macユーザーの相当数はiPadも所有しているが、多くの顧客は2台のiPadを所有していないと付け加えました

インタビューの中でBhardwaj氏は、Macに導入されるShortcutsと、それがプラットフォームの自動化にとって何を意味するのかについても触れています

ユニバーサルコントロールは、今月初めにリリースされたmacOS Monterey 12.3とiPadOS 15.4での数週間のテストの後に、ユーザーが使用できるようになりました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)