新型Mac miniは2023年まで延期、新デザインは採用されない可能性が高い

新型Mac miniは2023年まで延期、新デザインは採用されない可能性が高い

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleの次世代Mac miniは現行モデルと同じデザインを採用する可能性が高いとのことです

Kuo氏はツイートの中で、刷新されるMac miniは現行モデルと同じフォームファクタを維持する可能性が高いと述べ、アルミユニボディデザインは、Appleが2010年以降すべての新しいMac miniに採用しているデザインであると述べています

今週初め、Kuo氏は新しいMac miniは2023年まで発売されないと述べています

Kuo氏の主張は、昨年Appleが小型デスクトップコンピュータの完全な再設計に取り組んでおり、「プレキシガラスのような」上部を持つ小型の筐体に移行していると述べたリーク者Jon Prosser氏の噂と相反するものです

スポンサーリンク


Appleは以前から新型Mac miniの開発に取り組んでいると考えられていました

2020年11月にエントリーレベルのMac miniをM1チップでアップデートしましたが、ハイエンド向けは2018年のIntelプロセッサを搭載したスペースグレイモデルのままです

この旧型のハイエンドモデルをApple製シリコンマシンに置き換える可能性は、以前から新型Mac mini関連の噂の中心になっていましたが、今回はエントリーモデルとハイエンドモデルの両方が同時にリフレッシュされる可能性がありそうです

AppleがもともとM1 ProとM1 Maxチップを搭載したMac miniのハイエンド版を投入する「計画があった」との噂がありましたが、この計画はMac Studioを優先しておそらく破棄されたようです

現在、AppleはM2チップを搭載したモデルとM2 Proチップを搭載したハイエンドモデルを含む2つの新しいMac miniの開発に取り組んでいると考えられています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)