クリーンインストール、多くのMacではもはや有用ではありません

クリーンインストール、多くのMacではもはや有用ではありません

かなり以前では、Macの問題の中には、システムを再インストールすることで解決するものもありました

しかし現在では、再インストールが意味をなさなくなることが多くなっています

その理由とは?

macOS Big Sur以来、macOSは、読み取り専用で暗号的に署名・封印された署名済みシステムボリューム(Signed System Volume)をホームとしてきました

この封印は、新しいIntel MacのT2チップか、Apple Sliconチップの「Secure Enclave」に保存されています

Apple Frame install 002
システムの各コンポーネントは階層的に署名されており、あるコンポーネントに変更が加えられると、トップレベルを表す封印も無効となります

さらにセキュリティを高めるため、これらのMacはシステムボリュームから直接起動するのではなく、システムのスナップショットから起動するようになっています、また、スナップショットは、システム自身でも変更することができません

したがって、ユーザーがインストールしたソフトウェアによって、macOSが変更されることはありません

再起動後にmacOSに問題が発生した場合、例えばSSD上のストレージスペースに欠陥があり、システムコンポーネントが損傷してない場合、今は無効な封印から起動プロセスで認識されます、その後、Maがは再起動し、システムを再インストールする必要があります

スポンサーリンク

T2チップとApple Siliconはすべてを変える

MacOS BigSurおよびmacOSMontereyでT2チップまたはAppleSiliconを搭載したMacでは、以前のように問題が発生した場合にシステムを自分で再インストールすることは意味がありません

なぜなら、間違いなく判断できる動作さえしていれば封印から判断でき、Appleの仕様を満たしているからです

これは、システムの更新や新しいシステムバージョンにも適用され、古いシステムに残っているものを引きずることはないからです

インストール後、すべてのコンポーネントをチェックし、署名して、最後にシステム全体が再び封印されます

ここでも、すべてが正常であること、異物が混入していないことが封印で保証されています

ただし、システムソフトウェアのコンポーネントの1つは、読み取り専用のシステムボリュームにインストールされるのではなく、ユーザーデータを持つボリュームにインストールされる他のすべてのユーザーインストールプログラムと同様に、Safariにインストールされます

これにより、AppleはブラウザとWebKitに別々のアップデートを提供できるので、システム全体を一度に再インストールする必要がなくなりました

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)