Apple Musicは世界で2番目に利用されている音楽ストリーミングサービスでSpotifyはトップの座を維持

Apple Musicは世界で2番目に利用されている音楽ストリーミングサービスでSpotifyはトップの座を維持

MIDiA Researchは、2021年第2四半期に基づく音楽ストリーミングサービス市場の世界的な数字を含む新しいレポートを発表しました、Apple Musicは2番目に利用されている音楽プラットフォームですが、Spotifyには遠く及ばない状況です

調査によると、音楽ストリーミングサービスに加入する人の数は急速に増え続けており、2021年の第2四半期までに、これらのプラットフォームの一つに加入した人は5億2,390万人で、2020年の同時期から26.4%増加しました

Apple Musicは世界の音楽プラットフォーム契約者の15%を占めており、有料契約者はすでに7,800万人を超えていますが、これらの数字はSpotifyには及ばず、当然ながらSpotifyは依然として世界ランキングの第1位です

Spotifyは2021年Q2までに1億6,000万人以上の有料購読者を獲得しており、これはApple Musicの倍です

しかし、Spotifyの市場シェアは2019年の34%から2020年には33%に下がり、2021年には31%になったと同社は言っています

現時点でSpotifyが首位の座を失うリスクはありませんが、ライバルは確かに一部のユーザーを奪っています

スポンサーリンク


Apple music Q2 2021 002
Amazon MusicはApple Musicに次ぐ13%の市場シェアを占めていますが、MIDIA ResearchによるとYouTube Musicは2年連続で急成長を遂げており、現在では8%の市場シェアを占めています

もう一つ忘れてならないのは、2021年に音楽ストリーミングサービスの加入者数は全体的に増加しましたが、これは両社の収益が著しく高いことを意味しているわけではないということです

これは、一部の加入者がファミリープラン、特別バンドル (Apple Oneなど) 、新興市場での値下げなどの理由で料金を下げているためだと、MIDiAは説明しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)