14インチおよび16インチのMacBookProモデルは、2021年後半にApple Siliconの市場シェアを拡大​​すると予想される

14インチおよび16インチのMacBookProモデルは、2021年後半にApple Siliconの市場シェアを拡大​​すると予想される

Appleは、Apple Siliconチップを搭載した14インチと16インチの新しいMacBook Proモデルを2021年後半に発売すると予想されており、Intelに対する圧力が強まり、ノートPC市場のシェア拡大を後押しします

台湾の調査会社TrendForceによると、AppleのM1チップは2020年11月に正式にリリースされましたが、同年末までに市場シェアは0.8%にしか達しませんでした、最初のM1 Macには、13インチMacBook Pro、MacBook Air、Mac miniが含まれています

TrendForceによると、AppleのプロプライエタリCPUを搭載したMacBook Proモデルの場合、同社のCPU市場シェアは最大7%になると言います、これは、AMDのシェア拡大と相まって、Intelに対する圧力を高める可能性があります

TF SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は以前、Apple製チップを搭載した14インチMacBook Proと16インチMacBook Proの新モデルが、2021年の第二四半期または第三四半期までに発売されると予測しています

スポンサーリンク


Apple自身は、2020年6月に初めて発表されたApple Siliconへの移行には約2年かかると述べています、現在開発中とされるAppleのSilicon Macモデルには、iMac、Mac Pro、iMac Proの新バージョンがあります

M1チップは、2020年の発売以来、高い評価を受けており、トップクラスのIntelチップをも上回る性能を実現していて、例えば、13インチMacBook ProのM1は、Intel CPUを搭載した16インチMacBook Proモデルとほぼ同じ速さです

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)