Facebookは、iOS14に準拠するための「選択の余地がない」と企業に伝える

Facebookは、iOS14に準拠するための「選択の余地がない」と企業に伝える

Facebookは、2021年に計画されていたAppleのプライバシー機能に反対するキャンペーンを継続していますが、企業に宛てた電子メールの中で、「仕方がない」が、iOS 14の変更に従うべきだと述べています

問題の機能は、ある種の広告主追跡をユーザーに明示的にオプトインさせます、Facebookは、この機能が中小企業に打撃を与える可能性があると主張する新聞の全面広告を含む、この機能に反対する全面的なキャンペーンを開始しました

Facebook 210107 00002

iMoreはFacebookのビジネスユーザーに送ったメールの中で、同社は次のように述べています

App StoreのすべてのアプリがAppTrackingTransparencyフレームワークに従ってiOS14ユーザーにプロンプ​​トを表示するというAppleの要件は、モバイルデバイスやウェブ全体に広告を掲載する企業のターゲティング、最適化、キャンペーンの効果の測定に大きな影響を及ぼします


Appleの変化は彼らに利益をもたらす一方で、業界とあらゆる規模の企業が効率的にマーケティングを行い、パーソナライズされた広告を通じて成長する能力を損なうでしょう。パーソナライズされた広告とユーザーのプライバシーは共存できると考えています

スポンサーリンク


Facebookは、プライバシー機能には同意しないとしながらも、ビジネスユーザーに対しては、「仕方がない」が、プロンプトを採用するように言っています、これに従わない場合、App Storeから削除される恐れがあると言います

今後数週間のうちに、Facebookは企業が来るべき変化に備えるためのガイダンスやアドバイスを提供する予定だと言い、Facebookによると、ユーザーが広告主の追跡をオプトアウトすると、「広告効果の低下や測定の制限」結果になる可能性があると述べています

これまでFacebookは、この機能によって広告収入が最大60%減少すると見積もっています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)