iOSアプリはAppleのSilicon Mac上で動作するが、大手開発者はMac App Storeで提供しない

iOSアプリはAppleのSilicon Mac上で動作するが、大手開発者はMac App Storeで提供しない

AppleはWWDC 2020で、ARM MacがあらゆるiOSアプリを実行できるようになることを発表しています

Apple Silicon MacはiPhoneやiPadと同じプロセッサを搭載するため、開発者がmacOS用の特定のバージョンのアプリを提供していなくても、AppleはユーザーにこれらのMacにiOSアプリをダウンロードしてインストールさせることができるようになります

理論的には、iPhoneやiPad用に設計されたアプリはすべて、AppleのSilicon MacからアクセスするとMac App Storeで利用できるようになりますが、実際には複数のアプリが提供されていません

デフォルトでは、すべてのiOSアプリはApple SiliconのMac App Storeで入手できるが、同社は開発者が新しい統合ストアからiOSアプリを選択できるようにしています

9to5Macが調べたところ、一部の大手iOSアプリ開発者はすでに、Apple SiliconのMac所有者にMac App Storeでアプリを、少なくとも今のところは提供しないことを選択していることがわかりました

App Storeシステムを通じてこの情報をチェックすることができ、Apple Siliconチップを搭載した新しいMacではどのiOSアプリが動作しないかを知ることができました

スポンサーリンク


​Googleは、AppleのSiliconプラットフォームでほとんどのアプリを提供しないことを選択しており、これにはYouTube、Google Maps、Google Drive、Gmailアプリが含まれるます

​Facebookもまた、Instagram、WhatsApp、Messenger、Facebookアプリ自体などのiOSアプリをMac App Storeに含めないことを選択しました

また、Snapchat、Amazon Prime Video、Disney+も提供されていません

​一方、iOS用Netflixアプリは、HBO Maxアプリと同様に、新しいMacでも利用可能になる予定です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)