【Mac,iPad】Adobe「Creative Cloud 特別プラン」に申し込んだ方にお勧めなiPad専用アプリと本

【Mac,iPad】Adobe「Creative Cloud 特別プラン」に申し込んだ方にお勧めなiPad専用アプリと本

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Creative Cloud 特別プラン

先日の投稿『Photoshop CC および Lightroom 5が月額1,000円で利用出来る「Creative Cloud 特別プラン」は12月2日まで』で私と同じように申し込んだ方も、多くおられるのではないかと思います。

Photosmith


Ligetromm用Photosmithプラグインで、Lightroomのライブラリとの間で同期するプラグインになるというiPadアプリ「Photosmith」が現在¥2,000 → ¥1,500です。



セットアップはiPadとコンピュータが同じLAN上にある場合、無料のプラグインは自動的にPhotosmithを検出し、自動的に設定します



Photosmithの特徴

• サポートするファイルタイプ
・JPEG
・RAW : Canon CR2, Nikon NEF, Pentax PEF,Sony ARW, Panasonic RW2, Olympus ORF,Fuji RA

• スマートグループとの同じような写真の自動グループ化

• Lightroomキーワード階層を同期

• ソートとフラグ、星、色や日付で写真をフィルタ

• FacebookやFlickrやDropboxで共有

• 「Lightning – SDカードカメラリーダー」「Lightning – USBカメラアダプタ」やEye-Fiを利用してのインポート


旅行などに行ったときのちょっとした空き時間に写真を確認整理して、後からLightroomと同期してRAWを現像する、そんな使い方が浮かんできます。

前から欲しいアプリの一つだったのですが今回の「Creative Cloud 特別プラン」に合わせるように、一年ぶりにプライスダウンされたので、即効で私はポチリました。




Photosmith
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
価格: ¥1,500


リリース日: 2011/04/26
サイズ: 27 MB
バージョン: 3.0.2
販売元: C Squared Enterprises, Inc

ss1 ss2

価格は記事投稿時の価格です、ご購入の際は App Store で最新価格 をご確認の上、くれぐれも「自己責任」でお願いします。


Photoshop Lightroom 5 プロフェッショナルの教科書

RAW現像の基本から応用テクニックまで、さまざまな目的に応じた現像のケーススタディから学ぶ事ができると言う「Lightroom 5」の解説書です

IMG 1212


現像例を紹介する「ケーススタディ」では元データをCDに収められているので、本を見ながら実際に確認できるというものです
最近のMacはCDドライブがないし使うことも殆どないので、私も久しぶりに「Apple USB SuperDrive」引っ張り出しました。

アプリケーションの解説書もMa&WIN用となっていますが、大概はWIN表記でMacは置き換えてと言うのが多い中この本はMacの表記が標準となっていて読みやすいです。



月額1,000円払うのですから、PhotoshopだけでなくLightroomも使いこなしてお得感を倍返しならぬ、倍増

しましょう!






– – – – – – – – – – – – – – Google Ad3- – – – – – – – – – – – –



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –















LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)