世界のスマートフォン出荷台数は、需要の鈍化や中国での問題に引き続き影響を受ける

世界のスマートフォン出荷台数は、需要の鈍化や中国での問題に引き続き影響を受ける

International Data Corporationが発表した世界のスマートフォン市場に関する最新の予測では、回復が従来の予想よりも長期化することが示されています

最新のWorldwide Quarterly Mobile Phone Trackerの予測によると、2022年のスマートフォンの出荷台数は9.1%減少し、前回予測から2.6ポイント減少する見込みです

2022 12 04 10 05 412022 12 04 10 05 41

その結果、IDCは2022年のスマートフォンの出荷台数は12億4,000万台になると予想しています

IDCのWorldwide Mobility and Consumer Device TrackersのグループバイスプレジデントであるRyan Reith氏は、「2023年の前半は世界のスマートフォン市場は厳しい状況が続くと思われますが、来年の中頃には回復し、後半にはほとんどの地域で成長が期待できると考えています」と述べています

また、「コスト上昇は、スマートフォン市場と隣接するコンシューマー・テクノロジー・カテゴリーにとって明白な懸念事項ですが、この需要減少のほとんどは前倒しされ、2023年後半以降の世界的な成長を支えることになると考えています」とも述べています

スポンサーリンク


多くの新興国市場ではデバイスのリフレッシュサイクルが継続しており、先進国市場ではプロモーション活動の活発化、より魅力的な下取りキャンペーン、融資プランの延長によってコスト上昇を相殺しました、これは、経済的な逆風にもかかわらず、市場のハイエンドの成長を支えています

このカテゴリーは2022年の世界市場の約1〜2%に過ぎませんが、それでもおよそ1,500万〜1,600万台のスマートフォンを占めます

この数字は、コストが下がり、より多くのOEMがフォームファクタの移行を支持するようになるにつれて、さらに増加することになります

IDCのWorldwide Mobility and Consumer Device Trackersのリサーチ・ディレクターであるAnthony Scarsella氏は、「市場の減速にもかかわらず、先進国と新興国の両方の市場で更新速度が延び、3~4年使える高級デバイスを消費者が選ぶため、平均販売価格は成長を続けています」と述べています

(Via Apple World Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)