Apple、サプライヤーに中国からの製造移転計画を指示

Apple、サプライヤーに中国からの製造移転計画を指示

Appleはサプライチェーンの一部の中国からのシフトを加速させるために取り組んでおり、サプライチェーンのパートナー企業はインドとベトナムでの組み立て増加を計画していると警告されています

Appleの主要製品の多くを中国で生産していますが、ここ数年、中国に大きく依存することを考え直しており、以前から他の地域への生産拡大を計画していましたが、Appleはその意図についてより積極的になっているようです

Wall Street Journalが報じたところによると、話し合いに関わった関係者の話として、Appleは生産の一部を他の地域に移行する計画を「加速」させたという。現在、Appleはサプライヤーに対して、アジア、特にインドとベトナムの他の地域での組み立てを「より積極的に計画する」よう通知していると伝えられています

スポンサーリンク


このメッセージには、Foxconn Technology Groupの企業への依存度の低下についての言及も含まれているようです

ゼロコロナの政府政策によるロックダウン (都市封鎖) や、ProモデルiPhoneの最大メーカーであるFoxconnの問題を抱えた鄭州工場で発生した暴動に悩まされ、Appleはさらに国外への移住を迫られています

このような雰囲気は以前から存在していましたが、近年は米中貿易戦争などで中国の製造業拠点としてのイメージが低下しているため、Appleは他の地域でも活動したいと考えています

9月にはわずか10%の生産を中国から移すのに8年かかると予想されていました

1つの要素は、Appleのチームが請負業者と協力して製品の設計図とプロトタイプを完全な製造計画にするプロセスである新製品の市場導入です、サプライヤーと生産技術者が密集している中国にとって、AppleにとってNPIは容易なことでです

スポンサーリンク


Appleが他の国で力をつけるためには、新製品の市場導入プロセスを他の国に拡大する必要があります

しかし、雇用の減速と世界経済の減速により、Appleが新製品の市場導入に対処するために新しい国の新しいサプライヤーに労働者を割り当てることは難しくなっていると、情報筋は主張しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)