Elon Musk、AppleはTwitter最大の広告クライアントだと発言

Elon Musk、AppleはTwitter最大の広告クライアントだと発言

Twitter SpaceでElon Musk氏は、AppleがTwitterでの広告を「完全に再開した」ことを確認しました

これに先立ち、Musk氏はAppleが「Twitterでの広告をほとんど停止した」ことを公に非難し、「米国での言論の自由」を嫌っているのかと疑問を呈していました

AppleはTwitterでの広告を停止したことを肯定も否定もしませんでした、また、広告の減速がMusk氏のTwitter所有によるものなのか、それとも月末に行われた全体的な再編によるものなのかについても、一切明らかにされませんでした

Musk氏はApple Parkを訪れ、Cook CEOと会談し、会談はうまくいったようで、Cook CEOはAppleがApp StoreからTwitterを削除する計画はなかったと述べたとのことです

Twitter Spacesでマスクは、Appleが再びTwitterでの広告を強化したことを認め、「AppleはTwitterでの広告活動を完全に再開した とMusk氏は述べました

彼はまた、AppleはTwitterの最大の広告主であり、他の広告主が支出を一時停止する中、同社が維持することが重要な関係である理由であると述べました

スポンサーリンク


Musk氏のコメントは、今週初めにWashington Postが報じ、Appleが「Musk氏がTwitterを閉鎖する前週の10月16日から10月22日の間の220,800ドルから減少し、11月10日から11月16日の間にTwitter広告に推定131,600ドルを費やした」ことを受けたものです

もちろんAppleは広告費に関する情報を一切公開していません、同社がElon Musk氏のためにTwitterでの広告購入を停止したのかどうかを知る方法はありません、広告費は1年を通して増減し、Appleは予算に厳しいことで知られています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)