Western Digitaが65億ギガバイトのNANDチップを汚染後、SSDの価格が急騰する可能性が

Western Digitaが65億ギガバイトのNANDチップを汚染後、SSDの価格が急騰する可能性が

Western Digitalは、同社のNAND生産施設における汚染問題により、少なくとも65エクサバイト(65億ギガバイト)のフラッシュストレージを失ったと発表しました

市場調査会社TrendForceによると、この汚染により、SSDの主要部品であるNANDの価格が最大で10%跳ね上がる可能性があるとのことです

NANDの潜在的な不足や価格変動は、世界的なチップ不足やGPUの需要にもかかわらず、2021年に再び大きな年を迎えたPC市場に今後数カ月にわたって影響を与える可能性があります

製造工程で使用される材料の混入は、1月下旬に日本の2工場で検出されたようで、Western Digitalの合弁パートナーであるKioxia(旧東芝)は、BiCS 3次元NANDフラッシュメモリに影響があったことを明らかにしました

スポンサーリンク


TrendForceによると、Western DigitalとKioxiaの提携は、NANDフラッシュ市場の約30%に相当するとのことです

Western DigitalとKioxiaの両社は、主にPC用のSSDやeMMCストレージドライブを供給しており、Western Digitalは業界をリードするサプライヤーの1つです

混入の原因や、市場に出回っている製品の回収が必要かどうか、生産再開の時期などは明らかになっていません

Western Digitalは、「合弁パートナーであるKioxiaと緊密に連携し、施設をできるだけ早く通常の操業状態に戻すために必要な措置を実施している」と述べています

(Via TheVerge.)

Western DigitalはAppleのサプライヤーです

Kioxia NANDチップは、iPhone 13ファミリー、14インチと16インチのMacBook Pro、iPad Proなど、多くのApple製品に採用されています

幸いなことに、Appleのストレージのマージンは、誰もが知っているようにトラブルを吸収できるくらい大きいですが、低価格の民生用PCの業者にとっては、影響が出ても可笑しくはないでしょう











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)