Apple AR/VRヘッドセットでのFaceTimeは、MemojisとSharePlayを中心に展開される可能性がある

Apple AR/VRヘッドセットでのFaceTimeは、MemojisとSharePlayを中心に展開される可能性がある

BloombergのMark Gurman氏は、最新のニュースレター Power Onで、Appleの噂の拡張現実/仮想現実ヘッドセットのFaceTimeがMemojisとSharePlayを中心に展開することを期待していると述べました

FaceTimeアプリのSharePlayを使用すると、映画、テレビ番組、音楽をFaceTime通話に取り込むことができます

同期再生と共有コントロールを使用して、同じ瞬間を同時に見たり聞いたりすることで、通話中の他のユーザとのリアルタイム接続を容易にすることができます

画面を共有して、会話中にAppやWebページなどを表示することもできます

Gurman氏の見解は、

私はFaceTimeのバーチャルリアリティー版を想像している。実際の顔ではなく、3 D版 (Memoji) が表示される。このヘッドセットは、リアルタイムで人の表情を判断することができ、かなりリアルな体験になると筆者は考えている。筆者はまた、複数のヘッドセット装着者が音楽、映画、ゲームを一緒に体験できるようにするため、新しいrealityOSでSharePlayを多用することも検討している

スポンサーリンク


AppleのrealityOSへの取り組みは2017年から噂されていましたが、 「App Store」のアップロードログとAppleのオープンソースコードに同OSへの言及が見つかったことで、同OSの存在が最終的に確認されました

Appleは2018年にiOS 12でMemojisを導入しましたが、SharePlayは昨年のiOS 15.1で登場したずっと最近のものです

推測によると、ARKit、Apple MapsのAR徒歩案内、ダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオ、LiDARスキャナーなど、Appleが近年リリースした多くの新機能は、長い目で見れば同社の複合現実型ヘッドセットに運命づけられており、同社はヘッドセットの一部の側面をユーザーに慣れさせ、リリースよりずっと前に公に反復することを可能にしているのです

MemojiとSharePlayもまた、この戦略の一部である可能性は十分にあり得ると思われます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)